このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

農業農村整備事業における公共工事の品質確保等について

公共工事の品質確保については、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が平成17年4月1日に施行、「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針」が平成17年8月26日に閣議決定され、基本方針を踏まえた「農業農村整備事業工事等の今後の取組方針について」が平成17年12月7日に策定されたところです。

東海農政局では、このような方針等に基づき農業農村整備事業における公共工事の品質確保に関する情報をこのページで提供していきますので、今後とも国営事業及び補助事業の工事等の品質確保に、なお一層積極的に取り組んでいただきたいと考えております。

また、公共工事の設計・積算・入札・契約・監督・検査などの技術的な発注者支援を行うため、「公共工事の品質確保の相談窓口」を設置していますので、発注関係事務に関する質疑・要望事項等がありましたら、この相談窓口を活用していただくよう、よろしくお願いします。

1.品質確保に関する情報

2.東海農政局管内農業農村整備事業工事の品質確保技術者に係る公募及び認定手続き(再公募)

平成17年4月に施行された「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に基づき創設した「農業農村整備事業工事の品質確保技術者制度」(以下、「農業農村整備品確技術者制度」という。)では、総合評価落札方式に関わる支援及び農業農村整備工事品質確保技術者研修等の講師を行うことができる者を「農業農村整備事業工事の品質確保技術者」として東海農政局長が委嘱し、活用しています。

1.品質確保技術者として希望するもの

品質確保技術者として希望する者は以下により申請を行い認定を受けてください。

  • 申請書類:下記2の募集要項及び受験申請書により関係資料を添えて申請してください。
  • 申請期間:平成28年2月5日(金曜日)~平成28年2月19日(金曜日)(当日消印有効)
  • 認定:申請された資料をもとに農業農村整備品確技術者制度に基づき審査を行い、認定証を交付します。認定証は認定された日から5年間有効です。

2.募集要項、受験申請書について

募集要項、受験申請書を下記によりダウンロードしてください。

3.品質確保技術者試験合格者

合格者受験番号一覧(PDF : 15KB)

3.農業農村整備事業工事等発注者支援機関認定に係る公募及び認定手続き(再公募)

平成17年4月に施行された「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に基づき、「東海農政局管内農業農村整備事業工事等に係る品質確保対策協議会」(以下、「品質確保対策東海地方協議会」という。)では、平成18年度に発注関係事務を適切かつ公正に行うために「農業農村整備事業発注者支援機関認定制度」を創設しています。

本制度は、農業農村整備事業の工事等の発注に当たって、発注者支援を行う期間を品質確保対策東海地方協議会が公募し認定する制度で、認定された機関が、東海農政局管内農業農村整備事業工事等の発注者の要請に基づき、発注者関係事務を適切に支援することにより、発注者の責務を果たすことを目的としています。

1.農業農村整備偉業工事発注者支援機関として希望するもの

農業農村整備偉業工事発注者支援機関として希望する者は以下により申請を行い認定を受けてください。

  • 申請書類:下記2の公募及び認定要領、認定申請書により関係資料を添えて申請してください。
  • 申請期間:平成28年2月25日(木曜日)~平成28年3月10日(木曜日)(当日消印有効)
  • 認定:申請された資料をもとに品質確保対策東海地方協議会において審査し、認定証を交付します。認定証は認定された日から5年間有効です。

2.公募及び認定要領、認定申請書

公募及び認定要領、認定申請書を下記によりダウンロードしてください。

お問合せ先

農村振興部設計課

担当者:技術審査官、技術審査係
代表:052-201-7271(内線2613)
ダイヤルイン:052-223-4634
FAX番号:052-229-2667

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader