このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

「令和元年度 農福連携推進東海ブロックシンポジウム」の参加者を募集します

  • 印刷
令和2年1月27日
東海農政局
東海北陸厚生局

農福連携の取組は、障害者等の就労訓練や雇用、高齢者の生きがい等の場となるだけでなく、農業・農村にとっても、働き手の確保や地域農業の維持、更には地域活性化にもつながることから、より一層の推進が求められています。
東海農政局と東海北陸厚生局は、東海地域における農福連携の取組を推進するため、農福連携を実践されている方々にお話しいただくとともに、昨年から始まったノウフクJASについて紹介する「令和元年度 農福連携推進東海ブロックシンポジウム」を開催します。

諸般の事情により、本シンポジウムについては開催を中止します。
(令和2年2月25日追記)

1.開催日時及び場所

日時:令和2年2月27日(木曜日)13時30分から16時30分(受付12時45分から)

場所:愛知県女性総合センター(ウィルあいち) 3階 大会議室

所在地:名古屋市東区上堅杉町1番地

  • 会場案内図は添付資料を御覧ください。
  • 駐車場は確保していませんので、公共交通機関等の利用をお願いします。

2.内容

第1部 農福連携シンポジウム

基調講演

「誰もが参画できる農業を目指して!」

京丸園株式会社 園主 鈴木 厚志(すずき あつし)氏
(静岡県浜松市)

農福連携取組事例発表

株式会社DAI 代表取締役 中島 望(なかしま のぞみ)氏
(岐阜県関市)

社会福祉法人陶都会 事務局長 田中 良和(たなか よしかず)氏
(岐阜県土岐市)

第2部 ノウフクJASセミナー

実務講演

「ノウフクJASについて」

一般社団法人日本基金 理事 木下 卓(きのした たかし)氏

ノウフクJAS認証事業者から発表

特定非営利活動法人すまいる 顧問・施設長 横山 卓也(よこやま たくや)氏
(愛知県春日井市)

さんさん山城 施設長 新免 修(しんめん おさむ)氏
さんさん山城 管理者 藤永 実(ふじなが みのる)氏
(京都府京田辺市)

3.募集人数

先着200名(申込者多数により御参加いただけない場合のみ、連絡します。)

  • 対象者:障害者の受入に関心のある農業法人、障害者就労継続支援事業所、JA、国及び地方公共団体の農業・福祉関係担当者、ノウフクJASの企画、取得を目指す事業者等
  • 参加費:無料

4.申込要領

(1)申込方法

FAX又はインターネットにより、東海農政局へお申し込みください。

お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本シンポジウムの運営以外には使用しません。

FAX

添付資料の参加申込書に必要事項を記入の上、お申し込みください。

  • 送信先:052-220-1681(FAX)
  • 東海農政局 農村振興部 農村計画課

インターネット

以下のアドレスから参加申込フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。https://www.contactus.maff.go.jp/j/tokai/form/noson_keikaku/200227.htm
諸般の事情により、本シンポジウムについては開催を中止します。

(2)申込期限

令和2年2月20日(木曜日) 17時00分

  • 定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

(3)その他

  • 当日撮影した写真を、東海農政局Webサイト等に掲載させていただく場合があります。
  • マスコミの取材や写真撮影、メディアへの掲載が行われることがあります。

5.主催等

共催:東海農政局、東海北陸厚生局
後援(調整中):岐阜県、愛知県、三重県、岐阜県農業協同組合中央会、愛知県農業協同組合中央会、三重県農業協同組合中央会、岐阜県厚生農業協同組合連合会、愛知県厚生農業協同組合連合会、三重県厚生農業協同組合連合会、社会福祉法人岐阜県社会福祉協議会、社会福祉法人愛知県社会福祉協議会、社会福祉法人三重県社会福祉協議会、名古屋大学大学院生命農業研究科

6.報道関係者の皆様へ

取材、カメラ撮りは可能です。希望される場合は、事前に以下のお問合せ先に御連絡ください。

添付資料

案内チラシ(参加申込書)(PDF : 1,580KB)

お問合せ先

東海農政局農村振興部農村計画課

担当者:浅沼、玉置
代表:052-201-7271(内線2522、2519)
ダイヤルイン:052-223-4629
FAX番号:052-220-1681

東海北陸厚生局健康福祉部地域包括ケア推進課

担当者:佐々木
ダイヤルイン:052-959-2847

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader