このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

輸出産地サポーターを配置しました

  • 印刷
令和3年10月4日
東海農政局

東海農政局は、管内の輸出産地への輸出事業計画策定及びその実行等に対して支援するため、10月1日付けで「輸出産地サポーター」を配置しましたのでお知らせします。

「輸出産地サポーター」の配置について

東海農政局は、「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」に基づき、輸出産地としてリスト化された産地の支援を併走型で進めるため、10月1日付けで専門的知見を有する職員を「輸出産地サポーター」として配置しました。

「東海農政局輸出産地支援対策本部」について

令和2年12月に決定された「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」に基づき、輸出産地の輸出事業計画の策定及びその実行等に対する支援を、東海農政局を挙げて進める観点から、令和3年7月1日に東海農政局長を本部長とする「東海農政局輸出産地支援対策本部」を設置しました。
(別添「東海農政局輸出産地支援対策本部体制図」参照)

<東海農政局輸出産地支援対策本部の取組>

(1)東海3県輸出産地の実態及び課題に応じた支援対策等の各部・室の横断的な調整・検討
(2)東海3県輸出産地の輸出事業計画に基づく取組の進捗状況の共有・助言
(3)その他必要な事項

(用語説明)
注1 「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」(農林水産業・地域の活力創造本部決定)とは、2030年輸出額5兆円目標に向け、農林水産事業者の利益の拡大を図るとともに、輸出の拡大を実現するための施策を取りまとめたもの
注2 「輸出産地」とは、「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」に基づき、マーケットインの発想で専門的・継続的に輸出に取り組む産地で、輸出産地の形成に向けた取組を重点的に支援する産地
注3 「輸出事業計画」とは、輸出促進法に基づき、輸出産地ごとの輸出目標やその実行のための課題と対策を明確化するための事業計画

<別添資料>
  東海農政局輸出産地支援対策本部体制図(PDF : 195KB)

お問合せ先

経営・事業支援部輸出促進課

担当者:西澤、渡邉
代表:052-201-7271(内線2711,2716)
ダイヤルイン:052-223-4619

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader