このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

令和2年2月の食品安全セミナーの参加者を募集します

  • 印刷
令和2年1月22日
東海農政局

東海農政局は、毎月1回食品安全セミナーを開催し、消費者の皆様に役立つ情報を提供しています。
令和2年2月のセミナーを名古屋市内において開催しますので、皆様の御参加をお待ちしています。
(第1部のみ、第2部のみの御参加も可能です。)

定員に達したため、参加申し込みの受付は終了しました。多数の方にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。

1.開催日時及び場所

日時:令和2年2月19日(水曜日)13時30分から15時30分(受付13時00分から)

場所:東海農政局 第1会議室(1階)

所在地:愛知県名古屋市中区三の丸1-2-2

  • 会場案内図は添付資料を御覧ください。
  • 駐車場は確保していませんので、公共交通機関等の利用をお願いします。

2.内容

第1部 13時30分から14時05分

「食品安全と行政の取組」

東海農政局 消費・安全部 職員

  • 消費者の皆様が日頃感じている食に対する「不安」の原因を探り、「食品の安全」を確保するため、行政がどのような取組を行っているのか、身近な事例を交えて御紹介します。

第2部 14時15分から15時25分

「輸入食品の安全性確保について」

名古屋検疫所 職員

  • カロリーベースで約6割の食品を海外からの輸入に依存している我が国において、今や輸入食品なくして国民の食生活は成り立たないものとなっています。
    このような中で「輸入食品は国産品よりも安全性で劣るのでは」と考える消費者も少なくありません。
    普段は目にすることのない「輸入食品の安全性」を確保するための監視指導を行っている検疫所の業務について詳しく紹介し、輸入食品に対する理解を深めます。

3.募集人数

40名(申込者多数により御参加いただけない場合のみ、連絡します。)

  • 対象者:一般消費者
  • 参加費:無料

4.申込要領(定員に達したため、参加者募集は終了しました。)

(1)申込方法

FAX又はインターネットでお申し込みいただくか、以下のお問合せ先に直接お電話ください。

  • お申し込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本セミナーの運営以外には使用しません。

FAX

添付資料の参加申込書に必要事項を記入の上、お申し込みください。

  • 送信先:052-220-1362(FAX)
  • 東海農政局 消費・安全部 消費生活課

インターネット

以下のアドレスから参加申込フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。

https://www.contactus.maff.go.jp/j/tokai/form/seikatsu/200219.html

(2)申込期限

令和2年2月17日(月曜日)17時00分

(3)その他

  • 当日撮影した写真を、東海農政局Webサイト等に掲載する場合があります。
  • マスコミの取材や写真撮影、メディアへの掲載が行われることがあります。

5.主催

東海農政局

6.報道関係者の皆様へ

取材、カメラ撮りは可能です。希望される場合は、事前に以下のお問合せ先に御連絡ください。

7.今後の開催予定

日時:令和2年3月13日(金曜日) 13時30分から16時00分
会場:東海農政局 第1会議室(名古屋市中区三の丸1-2-2)

第1部「食品安全と行政の取組」
       (講師:東海農政局 消費・安全部 職員)
第2部「野草や山菜などの自然毒について」
       (講師:岐阜県保健環境研究所 食品安全検査センター  南谷 臣昭 (みなたに とみあき)氏)

  • 詳細が決定次第、プレスリリースでお知らせします。
    開催及び講座内容は変更する場合があります。 

添付資料

食品安全セミナー(2月)開催案内(PDF : 898KB)
開催案内の2ページ目が申込書です。


お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:森、奥川、青木
代表:052-201-7271(内線2810)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362