このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

令和元年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)を公表しました

  • 印刷
令和元年10月31日
東海農政局
令和元年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)について、以下のとおり結果を取りまとめましたのでお知らせします。

調査結果の概要

  1. 東海3県(岐阜、愛知及び三重)における令和元年産水稲の作付面積(子実用)は7万7,400haで、前年産に比べ200ha減少しました。うち主食用作付見込面積は7万5,000haで、前年産に比べ300haの減少が見込まれます。
  2. 水稲の10a当たり予想収量は486kgで、前年産に比べ7kgの減少が見込まれます。
  3. 以上の結果、予想収穫量(子実用)は37万5,900tで、前年産に比べ6,600tの減少が見込まれます。このうち、主食用の予想収穫量は36万4,100tで、前年産に比べ7,100tの減少が見込まれます。
  4. なお、農家等が使用しているふるい目幅ベースの作況指数は97となる見込みです。 

添付資料

令和元年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)(PDF : 262KB)

関連情報

東海農政局の統計情報のページ

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/index.html

全国の統計情報のページ

http://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html

お問合せ先

統計部生産流通消費統計課

担当者:近藤、橋本、佐藤
ダイヤルイン:052-763-4732
FAX番号:052-763-4709

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader