このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    市民農園

    市民農園とは

      一般に「市民農園」とは、サラリーマン家庭や都市住民の方々がレクリエーションとしての自家用野菜・花の栽培、高齢者の生きがいづくり、生徒・児童の体験学習などの多様な目的で、小面積の農地を利用して野菜や花を育てるための農園のことを市民農園といいます。
       このような農園は、ヨーロッパ諸国では古くからあり、ドイツではクラインガルデン(小さな庭)と呼ばれ、わが国では市民農園と呼ばれるほか、レジャー農園、ふれあい農園などいろいろな愛称で呼ばれています。
      さらに近年では、グリーン・ツーリズムの中心的な施設として地域活性化の役割も担ってきています。
      こうした、小面積の農地を利用したい人が増えていることから、自治体、農協、個人など多くの方々が市民農園を開設しています。

    市民農園のいろいろ

    市民農園の開設状況

    中国四国農政局管内における市民農園開設状況(平成28年3月末現在)(PDF : 32KB)
    全国市民農園リスト(農林水産省へリンク) 

    市民農園を開設するには

    開設形態  

    開設主体

    1. 地方公共団体が開設する場合(PDF : 9KB)
    2. 農業協同組合が開設する場合(PDF : 9KB)
    3. 農地を所有する者が開設する場合(農家等)(PDF : 9KB)
    4. 農地を所有していない者が開設する場合(企業、NPO等)(PDF : 82KB)

    市民農園を利用するには

    1. どのような市民農園を利用するか選択する。
    2. インターネットや地元の広報誌等で探す。
    3. 開設者に問い合わせる。
    4. 募集に応募する。
    5. 開設者と利用する契約を結ぶ。
    6. 契約終了後、利用開始。

    その他(参考資料)

    お問合せ先

    農村振興部農村計画課
    農地活用推進係 内線2526
    TEL:086-224-4511(代)

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader