このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

紅色の染料や食用油をとるために栽培されるベニバナは、古代エジプト時代から染料として利用されていたようです。日本でも、『万葉集』にすでに「末摘花(すえつむはな)」としてその名が見られます。この頃に橙色(だいだいいろ)の花をつけはじめ、日が経つにつれ花の色は濃い紅に変わります。一面のベニバナ畑は夏の風物詩ともいえるでしょう。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

180525_dm.jpg


5月25日齋藤農林水産大臣会見

aff_index.jpg

2018年5月号
特集1 ニッポンの漁
特集2 Love 魚。

政策

組織別から探す