このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

TOPページ

酪肉近基本方針・家畜改良増殖目標等

畜産農家等への支援

家畜生産・畜産環境等

基本情報・統計データ等

畜産部の概要

現場の宝

畜産クラスター

楽酪事業ボタン

 shiryou_seisan

乳用牛ボタン

肉牛ボタン

豚ボタン

鶏ボタン

その他ボタン

 

牛乳乳製品ボタン

食肉ボタン

飼料ボタン

競馬ボタン

 

畜産のことならwww.lin.gr.jp

JRA畜産振興事業について

牛乳・乳製品

このページでは、牛乳及び乳製品に関する情報をご紹介します。

以下の項目をクリックしていただくと、該当箇所にジャンプします。

加工原料乳生産者補給金制度について / 補給金単価算定方式等検討会 / 生乳取引のあり方等検討会脱脂粉乳・バターの安定供給のために  /  6次産業化等のための酪農家の創意工夫に応える環境整備牛乳乳製品をめぐる情勢  /  牛乳乳製品の生産動向  /  乳製品価格の動向  / LL(ロングライフ)牛乳生産量の推移  /  チーズ  /  生乳用途別取引数量及び取引価格指数  / 畜産物価格/  学校給食用牛乳 /乳製品の関税割当てに関する情報

加工原料乳生産者補給金制度について 

加工原料乳生産者補給金制度に関する情報等をまとめています。 


補給金単価算定方式等検討会

「補給金単価算定方式等検討会」についての資料等をまとめています。
 

生乳取引のあり方等検討会

 「生乳取引のあり方等検討会」についての資料等をまとめています。

 

脱脂粉乳・バターの安定供給のために

脱脂粉乳・バターの安定供給のための取組や、生産基盤回復に関する取組及び乳牛の能力向上の取組等についてまとめています。 

 

6次産業化等のための酪農家の創意工夫に応える環境整備について

生乳取引の多様化及び乳業施設の設置規制の緩和の取組内容等をお知らせしています。

 

牛乳乳製品をめぐる情勢

農林水産省では、最近の牛乳乳製品をめぐる情勢について解説する資料を作成しています。
本資料では、牛乳乳製品の需給動向、酪農経営の動向等を解説しています。

《参考》
我が国における酪農・乳業について(PDF : 835KB)shinki
牛乳乳製品の製造工程について(PDF:196KB)
牛乳乳製品の流通について(PDF:272KB)
牛乳乳製品の輸入について(PDF : 598KB)

 

 牛乳乳製品の生産動向

毎月、牛乳乳製品の生産動向をとりまとめて公表しています。

本資料では生乳生産量及び用途別処理量、牛乳等生産量、主要乳製品生産量、バター・脱脂粉乳の期末在庫量を公表しています。

乳製品価格の動向

毎月、乳製品(バター、脱脂粉乳等)の大口需要者向け価格の動向を公表しています。

LL(ロングライフ)牛乳生産量の推移

毎年、LL(ロングライフ)牛乳の生産量の推移を公表しています。

LL(ロングライフ)牛乳とは
  牛乳を135~150℃で数秒間連続的に滅菌し、気体透過性のない容器に無菌的に充填したもの。

  常温でも長期間の保存が可能であり、離島等の遠隔地や自動販売機で販売されています。

チーズ

(1)需給表

毎年、チーズの需給(国産チーズの生産量、チーズの輸入量、消費量等)の推移を公表しています。

(2)国産チーズ

国産チーズの状況(PDF : 582KB)

《参考》
各地で活躍するチーズ工房及び国内で製造されているチーズの種類(PDF : 758KB) 

(3)国産乳製品等競争力強化対策事業

チーズ工房等が取り組む生産性向上等に必要な施設整備を支援します。

詳細はこちらをご覧ください。

生産地域別の生乳用途別取引数量及び取引価格指数について

毎月、生乳の用途別取引数量及び価格指数について公表しています。

用途の区分けは加工原料乳数量認定等事務実施要領に定める生乳用途別販売数量等報告に基づいています。

 

   畜産物価格

農林水産省では、加工原料乳生産者補給金の単価・数量などの畜産物価格を、法に基づき、食料・農業・農村政策審議会に諮問し、決定しています。 

 

学校給食用牛乳

学校給食用牛乳については、以下の目標や規程、事業等に基づき、供給の推進を図っています。

25年度までは、(独)農畜産業振興機構の事業として実施しています。

このため、25年度以前の実績は、以下の同機構HPを御参照下さい。

乳製品の関税割当てに関する情報

乳製品の関税割当てに関する情報をこちらに掲載しています。

お問い合わせ先

生産局畜産部牛乳乳製品課

ダイヤルイン:03-3502-5987
FAX:03-3506-9578

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader