このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

冬を過ごした雁(がん)が北国へと去っていきます。雁は「かり」とも読んだり、また鴈と書くこともあります。季節の訪れとともにその姿を現す候鳥(こうちょう)として、春に飛来し秋に去る燕(つばめ)と対をなして、暮らしや文学の上で親しまれてきました。群れをなして生活し、連なって飛ぶ様子がしばしば見られます。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す