このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

新事業・食品産業部

郷土料理スライド
和ごはんスライド
東京栄養サミット
SDGsのスライド
製造課のスライド
食ロススライド
新着動画

食品製造課
Let’s support agriculture and welfare cooperation by getting “Noufuku JAS” certificated! [JAS 0010]「ノウフクJASで農福連携を支援!」の英語版です。

外食・食文化課
異動前にSDGs担当者に質問してみた【想定外の結末】 BUZZ MAFF「和食ぅライフバランス」とSDGs広報チームとのコラボ動画です。

新事業・食品産業部のビジョン

新事業・食品産業部は、豊かな食生活の実現を使命とし、食品業界と省内・関係府省との間に立った情報発信と緊密なコミュニケーションを通じて、食品産業のサステナブルな発展と食品分野のイノベーション創出を目指します。組織一覧はこちら

月間PR
各地域で選定された郷土料理をご紹介します。(スライドショーは週6県のペースで掲載します。画像をクリックすると該当ページにリンクします) 今まで掲載された郷土料理一覧

新着アイコン新着情報facebookロゴ新事業・食品産業部のFacebookもチェック[外部リンク]

新事業・食品産業部情報

過去の新着情報一覧(旧・食料産業局含む)

報道発表

報道のアイコン
農林水産省の報道発表資料一覧

アイコン政策ホットトピックス

新たな外国人材の受入れについて(特定技能)
外食・食文化課食品製造課
改正入管法に基づく外国人材の受入れに向けて、2018年12月25日に各業種の「分野別運用方針」が閣議決定されました。
当局の所管では、飲食料品製造業分野及び外食業分野における「分野別運用方針」が決定されました。
食品産業の働き方改革
企画グループ
ハンドブック
「日本の食を支える産業だからみんなが生き生きと働ける職場にしたい…」
人口減少、少子高齢化という社会構造の変化の中で、人手不足は深刻な課題です。国民の食を支える事業者の皆さんが、持続可能な経営を維持できるよう、働き方改革で、企業の未来を考えるためのハンドブックができました。

施策アイコン施策情報※タブをクリックすると項目ごとの施策一覧が表示されます

連絡先
大臣官房 新事業・食品産業部 
新事業・食品産業政策課代表:03-3502-8111(内線4005) 
ダイヤルイン:03-3502-7568
ファイナンス室03-6744‐2076
大臣官房 新事業・食品産業部 
企画グループ
代表:03-3502-8111(内線4139) 
ダイヤルイン:03-6744-2065
大臣官房 新事業・食品産業部 
商品取引グループ
代表:03-3502-8111(内線4174) 
ダイヤルイン:03-3502-2126
連絡先
大臣官房 新事業・食品産業部 
食品流通課
代表:03-3502-8111(内線4152) 
ダイヤルイン:03-3502-5744

食品企業の食品安全・信頼向上の取組

FCPこどもページ▲FCPこどもページはこちらから
連絡先
大臣官房 新事業・食品産業部 
食品製造課
代表:03-3502-8111(内線4355) 
ダイヤルイン:03-6744-7180

食産部のアイコン新事業・食品産業部情報

リンクアイコンリンク集

動画アイコン新事業・食品産業 関連動画

※動画はYouTubeに外部リンクします

食品製造課
Let’s support agriculture and welfare cooperation by getting “Noufuku JAS” certificated! [JAS 0010]

外食・食文化課
異動前にSDGs担当者に質問してみた【想定外の結末】

食品製造課
JAS for organic restaurant!

外食・食文化課
農林水産省を辞めてみた

食品製造課
分析するかのように料理する国家公務員

外食・食文化課
農水省的コンプライアンス豆まき

外食・食文化課
1月7日 上司、ウシになる。

外食・食文化課
和食担当が新年早々やらかしました。

お問合せ先

大臣官房 新事業・食品産業部 新事業・食品産業政策課

担当:総務班広報担当
代表:03-3502-8111(内線4012)
ダイヤルイン:03-6744-2054

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader