このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

飲食料品製造業分野における外国人材の受入れ拡大について

 

トピックのアイコントピックス

2020年12月14日 NEWアイコン 特定技能外国人受入れに関するオンラインセミナーを開催します。(飲食料品製造業分野及び外食業分野)
[実施日:第1回 2020年12月22日(火曜日)、第2回 2021年1月19日(火曜日)、第3回 2021年1月27日(水曜日)]
https://reg.lapita.jp/public/seminar/view/1837[外部リンク]
2020年12月7日 試験実施機関より、2020年度第3回 飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験(国内)の日程が公表されました。
[申込受付:2020年12月9日(水曜日)~12月14日(月曜日)、試験日:2021年1月18日(月曜日)~1月26日(火曜日)]
https://otaff1.jp/insyoku/[外部リンク]
2020年11月17日  特定技能・飲食料品製造業分野に関するQ&A集(よくある質問)を掲載しました。
【こちら】(PDF : 327KB)
2020年6月22日 飲食料品製造業分野及び外食業分野の相談窓口を設置しました。
相談窓口[外部リンク]
2020年6月12日 試験実施機関より国内試験の年間スケジュールが公表されました。
https://otaff1.jp/schedule/schedule_jp.pdf(PDF:207KB)[外部リンク]
試験案内(詳細な日程を含む)については、受付開始の1か月前をめどに機構のホームページに公表予定です。
2020年5月15日 飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領の一部を改正しました。
2020年4月1日 「飲食料品製造業分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」に係る運用要領及び飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領の一部を改正しました。
2020年2月28日 飲食料品製造業分野に特有の事情に鑑みて定める基準(平成31年3月15日農林水産省告示第526号)が改正され、
併せて、飲食料品製造業分野における関係法令・通知等も改正されました。
2019年11月21日 法務省より、特定技能への移行を希望する令和2年春卒業予定の留学生の皆様へのお知らせが公表されました。
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00003.html[外部リンク]
2019年11月11日 試験実施機関より、国外試験(フィリピン)の試験情報が公表されました。
(試験予約受付は11月25日(月曜日)13時00分から、試験実施は11月28日(木曜日)からです。)
https://otaff.or.jp/description-certification/food-and-beverage/insyoku/insyoku-foreigner/[外部リンク]
2019年11月1日 飲食料品製造業技能測定試験の学習用テキスト(英語)が公表されました。
https://www.shokusan.or.jp/news/3199/[外部リンク]
2019年10月25日      試験実施機関より、2019年度第1回(10月実施)飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験(国内)の合格者が発表されました。
https://otaff.or.jp/wp-content/uploads/2019/10/goukaku_20191025-2.pdf(PDF:159KB) [外部リンク]
試験実施機関より、2019年度飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験の今後のスケジュールが更新されました。
https://otaff.or.jp/wp-content/uploads/2019/10/exam_schedule_191025.pdf(PDF:111KB)[外部リンク]
試験実施機関より、「国内試験の受験申込手続きの一部変更について」が公表されました。
https://otaff.or.jp/wp-content/uploads/2019/10/d47a204803341313ed9fe56fb9ce301f.pdf(PDF:158KB)[外部リンク]
2019年9月10日 飲食料品製造業技能測定試験の学習用テキストを公表しました。
2019年9月4日 食品産業特定技能協議会第2回運営委員会の会議資料、議事要旨を公表しました。
飲食料品製造業技能測定試験説明会の開催を公表しました。
2019年9月2日 飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領を公表しました。
2019年8月26日 技能測定試験に関する情報を更新しました。
2019年8月9日 「食品産業特定技能協議会」の加入フォームを設置しました。 

制度についてのアイコン制度について


新たな外国人材の受入れのための在留資格「特定技能」は、深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有する外国人材を受け入れる制度です。

参考1:飲食料品製造業分野における関係法令・通知等

         ・分野参考様式第13-1号 誓約書(特定技能所属機関)(令和2年2月28日一部改正)(PDF : 6KB)(WORD : 23KB)
         ・分野参考様式第13-2号 誓約書(登録支援機関)  (PDF : 4KB)(WORD : 19KB)
 

参考2:制度の概要説明資料

※飲食料品製造業分野及び外食業分野の相談窓口(無料)

  • 外国人が働きやすい環境を整備するため、当該分野での就労を希望する外国人材及び外国人材の受入れを希望する事業者に対する相談窓口を設置しました。無料で相談を受け付けます。
         【相談窓口】[外部リンク(株式会社JTB)]


※説明会[オンラインセミナー](無料)NEWアイコン

         以下の日程で、特定技能外国人受入れに関するオンラインセミナーを開催します。(飲食料品製造業分野及び外食業分野)

 [実施日:第1回 2020年12月22日(火曜日)、第2回 2021年1月19日(火曜日)、第3回 2021年1月27日(水曜日)]

  【詳しくはこちら】[外部リンク(株式会社JTB)]


※受入れ事例の紹介 NEWアイコン

         特定技能外国人を受入れている企業と、そこで活躍する外国人の方の声をご紹介しています。

         【詳しくはこちら】[外部リンク(株式会社JTB)]

            
  ※上記の相談窓口、説明会、受入れ事業報告は、農林水産省の補助事業で株式会社JTBが運営しています。

試験について試験について

特定技能外国人として飲食料品製造業分野の業務に従事する場合には、技能試験及び日本語試験の合格等が必要となります。
(従事する業務区分に応じ、技能実習2号を良好に修了した者については上記の試験等が免除されます。)
試験の適正な実施を確保するための試験方針及び実施要領については、以下資料をご参照ください。

   飲食料品製造業分野特定技能1号技能測定試験について (PDF : 1,036KB)

   飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領(令和2年5月一部改訂)(PDF : 368KB)



技能測定試験の試験日程、申込方法等につい

飲食料品製造業技能測定試験は、一般社団法人外国人食品産業技能評価機構(略称:OTAFF)が実施します。
試験日程、申込方法、その他情報は機構のホームページをご確認ください。

※一般社団法人外国人食品産業技能評価機構は、飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領1(2)に基づき、農林水産省が実施する公募により選定した事業者です。

学習用テキスト


     技能測定試験の受験に必要な学習用テキストを、一般財団法人食品産業センターが作成しています。
    試験問題は、このテキストの範囲から出題されますので、受験される方はご活用ください。

※一般財団法人食品産業センターは、飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領1(2)に基づき、農林水産省が実施する公募により選定した事業者です。


日本語試験について

日本語能力試験は、国内と国外で実施する主体者が異なります。
この試験に関する内容、申込、その他情報は試験の実施場所に合わせてそれぞれのホームページをご確認ください。

【国外】独立行政法人国際交流基金 日本語基礎テスト(JFT-BASIC) [外部リンク]
【国内】日本国際教育支援協会 日本語能力試験(JLPT) [外部リンク]

 

協議会について協議会について

【協議会の目的】構成員の連携の緊密化を図り、制度や情報の周知、法令遵守の啓発のほか、地域ごとの人出不足の状況を把
                      握し、必要な対応等を行います。飲食料品製造業分野と外食業分野が共同で設置しています。

【構成員】受入れ機関(特定技能所属機関)はこの協議会の構成員になることが求められています。
              登録支援機関は上記2分野の受入れ機関を支援する場合、この協議会の構成員になることが求められます。
【加入のタイミング】初めて特定技能外国人を受け入れてから4か月以内に協議会に加入してください。
                            受入れ前に加入する必要はありません。
                            4か月以内に食品産業特定技能協議会に加入していない場合には、特定技能外国人の受入れができなくな
                            りますのでご注意ください。
                            また、2人目以降の受入れの際に、改めてご加入いただく必要はありません。
【会費】当面の間、入会金や年会費等の費用は徴収いたしません。

協議会規約(PDF:195KB)
運営委員名簿(2019.8.6現在)(PDF : 129KB)
協議会の概要(PDF:97KB)
申し合わせ(PDF:77KB)
入会規程(PDF:127KB)

入会申請方法

【入会の流れ】
  1. 下記のフォームに必要事項を入力の上、WEBで申請してください。
  2. 事務局よりメールが届きますので、入管に提出した誓約書の写しをpdf等で添付し、返信してください。
  3. 審査には通常2週間~1か月程度いただいています。承認後、加入証をメールで送付します。


特定技能所属機関(受入れ機関)入会フォームは【こちら】
登録支援機関入会フォームは【こちら】
 
飲食料品製造業者団体及び外食業団体で入会を希望される方は、「お問合せ先」までご連絡をお願いいたします。


その他の情報のアイコン Q&A集(よくある質問)


特定技能・飲食料品製造業分野に関するQ&A集 (よくある質問)(PDF : 327KB)



その他の情報のアイコンその他情報

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴う取扱い [外部リンク(法務省)]

外国人の受入れ・共生に関する金融関連施策について [外部リンク(金融庁)]

外国人雇用のルールについて [外部リンク(厚生労働省)(PDF:1701KB)]

外国人の適正雇用について [外部リンク(警視庁)]



お問合せ窓口

特定技能外国人材制度相談窓口(JTB)※相談窓口は、農林水産省の補助事業で株式会社JTBが運営しています。

専用回線:03-6630-8179  
対応日時:10時00分~17時30分[土日・祝日・年末年始(12月26日~1月3日)を除く]
メールアドレス:maff-gaikokujinzai@jtb.com

   メールでのお問い合わせの際には、必ず以下の項⽬・内容をご記載ください。
     
【件名】企業向け農林⽔産省特定技能外国⼈相談窓⼝問い合わせ
       1.
企業名  2.住所  3.電話番号  4.⽒名(ふりがな)  5.受⼊れを検討している分野(※次よりご選択ください【飲⾷料品製造業/外⾷業/その他】)
       6.お問い合わせ内容

  

お問合せ先

食料産業局食品製造課

担当者:tokuteiginou_13@maff.go.jp
代表:03-3502-8111(内線4162)
ダイヤルイン:03-6744-2397
FAX番号:03-3502-5336

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader