このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農作業安全対策

注目情報

農作業安全の啓発動画

農業者の方に「安全に農作業を行うことの大切さ」を理解していただくための動画(説明者:水田生産局長)を制作しました。



全国農作業安全確認運動

全国の関係機関の協力の下、稲の春作業が行われる3~5月、秋作業が行われる9~10月を重点期間として、農作業安全確認運動を実施しています。

令和2年秋の農作業安全確認運動
  
令和2年秋の農作業安全確認運動の実施について(生産局長通知)(PDF : 57KB)  
令和2年秋の農作業安全確認運動の展開について (PDF : 241KB)
令和2年農作業安全ポスターデザイン(PDF : 421KB)
令和2年農作業安全ポスターデザインコンテスト結果について

令和2年秋の農作業安全確認運動推進会議 
令和2年秋の農作業安全確認運動の開始に当たり、令和2年8月19日(水曜日)に、関係機関が一堂に会し、農作業安全対策の情報交換を行うとともに、運動の連携強化及び効果的な推進を図るため、「令和2年秋の農作業安全確認運動推進会議」を開催しました。
議事次第(PDF : 61KB)
資料1:「記者の目から見た農作業事故」(NHK大分放送局)(PDF : 327KB)
資料2:「農作業安全対策の展開状況について」(農林水産省)(PDF : 4,615KB)
   分割版 1(PDF : 1,300KB)2(PDF : 1,736KB)3(PDF : 1,562KB)
資料3:「国内トラクターメーカーにおける農作業安全対策」(井関農機(株)、(株)クボタ、三菱マヒンドラ農機(株)、ヤンマーアグリ(株))(PDF : 1,487KB)
資料4:農機事故情報を活用した効率的な安全研修の推進((国研)農研機構 農業技術革新工学研究センター)(PDF : 1,661KB)
資料4参考:対話型農作業安全研修ツール関係資料(PDF : 2,085KB)

資料については一部掲載を省略します。

過去の農作業安全確認運動はこちら


農作業安全の啓発資料

こちらからダウンロードできる資料は、「農林水産省Webサイトのコンテンツの利用について」に準じて自由に利用できます。
ポスターやチラシ等の各種啓発資料はこちら

農作業死亡事故調査

厚生労働省の「人口動態調査」の調査票情報を利用し、独自集計した結果を公表しています。
平成30年に発生した農作業死亡事故の概要(PDF : 251KB)

過去の農作業死亡事故調査はこちら

補助事業

  • 令和2年度持続的生産強化対策事業のうち農作業安全総合対策推進の実施要領等はこちら

農作業安全関係通知

農作業安全に関する通知はこちら
(熱中症に関する通知は、「熱中症対策」の項目をご参照ください)

熱中症対策

<農林水産省通知>
農作業中の熱中症対策の更なる徹底について(令和2年6月26日付け通知文)(PDF : 85KB)NEWアイコン
農作業中の熱中症対策について(令和2年5月1日付け通知文)(PDF : 1,064KB)

過去の通知はこちら

<熱中症予防声かけプロジェクトとの連携による啓発資材>
令和元年度『熱中症予防声かけプロジェクト』との共同製作冊子(PDF : 2,434KB)
30年度『熱中症予防声かけプロジェクト』との共同制作ポスター(PDF : 2,042KB)
30年度『熱中症予防声かけプロジェクト』との共同制作チェックシート(分割版1)(PDF : 2,204KB) (分割版2)(PDF : 1,726KB)
過去の資料等はこちら

農業者のための労災保険の特別加入制度

労災保険は、本来、労働者の負傷、疾病、傷害、死亡などに対して保険給付を行う制度ですが、加入義務のない農業者の方も、一定の要件のもとに特別加入という形で任意加入できます。
パンフレットや参考情報はこちら

農業機械・農作業安全研修

農林水産研修所つくば館水戸ほ場(茨城県水戸市)において、都道府県職員、市町村職員及び農業団体職員等を対象とした農作業安全に関する研修が実施しています。
研修内容や申込方法等はこちら


農業機械の安全装置の普及状況について

(国研)農業・食品産業技術総合研究機構農業技術革新工学研究センターと農機メーカーが共同で開発した安全装置が、今販売されている農業機械にどのくらい導入されているかについて調査しました。新しく農業機械を購入する際は、ぜひ参考にしてください。
詳細はこちら 

型式検査・安全性検査

一定水準以上の安全性を有していることについて、公的な証明を受けた農業機械があります。詳しくはこちらをご覧ください。
型式検査
安全性検査 [外部リンク]

農林水産業・食品産業の現場の新たな作業安全対策

農林水産業や食品産業においては、これまでも各分野の課題に対応した作業安全対策を講じてきたところですが、引き続き死傷事故が多発しています。
また、高齢者や女性、外国人など現場で活躍する人材の多様化や、スマート技術など、作業安全対策を取りまく課題や状況も変化しており、対策をさらに推進するため「農林水産業・食品産業の現場の新たな作業安全対策に関する有識者会議」等の検討経過や、その他農林水産業・食品産業に係る新たな作業安全対策に関する情報をご紹介します。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/sagyou_anzen.html


外部リンク

農作業安全情報センター
関係組織・団体リンク

お問合せ先

生産局 技術普及課 生産資材対策室 安全指導班

代表:03-3502-8111(内線4773)
ダイヤルイン:03-6744-2182
FAX:03-3597-0142

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader