このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

担当:食肉鶏卵課

畜産物の輸出促進対策について


畜産物の輸出を拡大させるため、農林水産省が取り組んでいる輸出促進対策について紹介するページです。

農林水産省は、食料・農業・農村基本計画(令和2年3月閣議決定)で掲げた2030年までに農林水産物・食品の輸出額を5兆円とする目標の達成に向け、令和2年4月に創設された「農林水産物・食品輸出本部」の下、関係省庁と連携して更なる輸出拡大に取り組みます。

  ・ 農林水産物・食品輸出本部

  ・ 畜産物の輸出について(令和2年7月)(PDF : 498KB)

  ・ 対米国・EU向け牛肉処理施設(PDF : 146KB)  

  ・ 日本産畜産物の輸出促進にオールジャパンで取り組んでいます( 日本畜産物輸出促進協議会(外部リンク))。
 
  ・ 農林水産物・食品の輸出促進対策(食料産業局海外市場開拓・食文化課)

お問合せ先

生産局畜産部食肉鶏卵課食肉需給対策室

担当者:食肉貿易班
代表:03-3502-8111(内線4944)
ダイヤルイン:03-3502-8473
FAX:03-3592-0009

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader