このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

Goodな農業! GAP-info

Good Aguriculutual Practice GAP

はじめに | 農業の「GAP」ってなに?

消費者、生産者、環境にとって、「Good」な農業の取組のことをGAP(ギャップ)といいます。

GAPは、Good Agricultural Practicesの頭文字をとった言葉で、直訳すると「よい農業の取組」という意味ですが、一般的には「農業生産工程管理」と呼ばれています。
工程管理とは、言い換えれば、「農産物を作る際に適正な手順やモノの管理を行い、食品安全や労働安全、環境保全等を確保する取組」のことです。

GAPに取り組むことで、わたしたちが口にする食品の安全や、自然環境の保全、生産者の労働安全や人権の保護に配慮し、将来的に持続可能な農産物の供給の実現につながります。

また、持続可能な取組を求める2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、選手村などで提供される料理にGAP農産物がつかわれました。


GAPinfo_home02

農業の「GAP」の動画です

農業の「GAP」のことを動画で皆さんにお伝えします。
GAPとは何か、GAPに取組む生産者の想い、GAPと社会のつながりなど、実はGAPは皆さんの生活とも大きく関わっています。
GAPの良さをSNS等でも拡散してください。社会全体で良い農業を作っていきましょう!


GAPパートナー|我々は、GAP認証農産物を取り扱う意向があります!!

生産者のみならず、消費者にも環境にもGOODなGAPの価値を共有し、GAP認証農産物を取り扱う意向を有している事業者「GAPパートナー」を紹介します。
GAPパートナー規約(PDF : 100KB)  GAPパートナー規約_別紙(PDF : 62KB)


「GAPパートナー」の趣旨に賛同いただける方は、本サイト末尾の農産局農業環境対策課まで御連絡ください。

GAPについてもうちょっと詳しく

GAPには、「GAPに取り組む」こととGAPの取組を客観的に第三者に評価してもらう「GAP認証をとる」の2つのやり方があります。

「GAPに取り組む」とは、農業者がGAP(活動または取組)を自ら実施することで、認証を取得しているかどうかは関係ありません。
「GAP認証」は、第三者機関の審査によりGAPが正しく実施されていることが確認された証明のことです。GAP認証を取得することによりGAPを実施していることが客観的に証明されます。

例えばこんなこともGAPです

環境にやさしい
生産者の笑顔を守る
食卓に安全を届ける
動物にやさしい
環境にやさしい
生産者の笑顔を守る
食卓に安全を届ける
動物にやさしい

GAPのはじまり

GAPには、「GAPの実施」と「GAPの認証」の2つがあると、最初に説明しました。ここでは、2つ目のGAPの認証について、どうしてこれが生まれたのかについて説明します。

GAP認証は、1990年代にヨーロッパで誕生しました。 その当時、大手スーパーマーケットは、農家に対して農薬の使用基準などを含め農産物の生産における安全管理について細かく条件を求め、管理をしていました。農家にとっても出荷先によって基準がバラバラであったり、それぞれに対応方法を変えなければならなく、非常に負担の多い作業でした。一方、大手スーパーマーケット側にとっても世界に広がる生産者に自分たちの農産物の安全管理要求を伝え、そのとおりに作られているかどうかを確認しなければならなく、大変な労力と費用がかかりました。

そこで、各スーパーマーケットは、お互いに異なるルールを見直し、こと安全性の確保については共通のルールを作る(標準化)ことによって、世界中どこから仕入れても大丈夫な生産工程の管理のあり方を共通化することにし、その取組レベルが要求レベルを満たしているかを客観的視点で評価するために公正・公平で適切な第三者による確認を求めました。これがGAP認証の誕生の経緯です。

GAP_background

イベント | GAPに関するイベント情報

GAPイベントイメージ

注目情報

九州農政局
九州ブロックGAP推進シンポジウム
日程:2021年11月9日(火曜日)13時30分~16時45分(開場12時30分)
場所:(1)熊本地方合同庁舎A棟1階共用会議室
熊本市西区春日2丁目10番1号(JR熊本駅から徒歩5分)
(2)オンライン(Zoom)※後日、ウェブ会議参加用のURLを参加者へメールで連絡。
URL:https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/kankyo/210917_26.html

北陸農政局
北陸ブロックGAP推進シンポジウム
日程:2021年12月1日(水曜日)14時00分~16時30分
方法:Zoomを活用したオンライン開催
留意点:
(1)できるだけ多くの方に参加いただくため、原則各組織1アカウントでの申込及び視聴をお願いいたします。
(2)参加申込者が定員を超えた場合は、北陸農政局管内の実需者を優先させていただく場合がございますので、予めご承知おきください。
URL:https://www.maff.go.jp/hokuriku/news/press/seisan/211018.html

埼玉県
令和3年度埼玉県GAPセミナー
日  程:2022年1月13日(木曜日)13時30分~16時00分(開場は13時00分~)
場  所:クレアこうのす  小ホール
           埼玉県鴻巣市中央29番1号
チラシ:令和3年度埼玉県GAPセミナー(PDF : 2,996KB)
              分割版(表)(PDF : 1,999KB) 
              分割版(裏)(PDF : 898KB)
           ※お申し込みの際は電話またはFAXにてお願いします。
              後日、お申し込みいただいた方を対象とした限定公開でのオンライン配信を予定しています。
               電話:048-830-4049   FAX:048-830-4832

佐賀県
令和3年度佐賀県GAP推進大会
日程:2022年1月25日(火曜日)13時30分~16時00分(受付は13時00分~)
場所:メートプラザ佐賀 多目的ホール
         佐賀県佐賀市兵庫北3丁目8-40 (電話0952-33-0003)
URL:https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00384095/index.html[外部リンク]

お問合せ先

農産局農業環境対策課

担当者:GAP推進グループ
代表:03-3502-8111(内線4852)
ダイヤルイン:03-6744-7188

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader