このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品ロス・食品リサイクル

国の災害用備蓄食品の有効活用について NEWアイコン

【災害用備蓄食品ポータルサイト】←こちらをクリック

国の災害用備蓄食品について、食品ロス削減及び生活困窮者支援等の観点から有効に活用するため、
入れ替えにより災害用備蓄食品の役割を終えたものについて、原則として、フードバンク団体等への提供に取り組むこととしました。
農林水産省においては、ポータルサイトを設け、各府省庁の情報を取りまとめて公表を行います。
(農林水産省にて情報集約を行っておりますが、詳細や申し込みについては、各府省庁までお問い合わせください)

フードバンク支援事業 NEWアイコン

令和3年度補正予算【フードバンク支援緊急対策事業】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響の長期化により、子ども食堂や生活困窮者等へ食品を届きやすくすることが課題となっており、子ども食堂等へ食品の提供を行っているフードバンクの役割が重要となっていることから、フードバンク活動を通じた食品ロス削減を図るため、フードバンクに対して、食品の受入れ・提供を拡大するために必要となる経費を支援します。
詳細は
こちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用促進 


【未利用食品の販売を促進するビジネスの活用推進】
新型コロナウイルス感染症対策の影響で発生する未利用食品の販売を促進するビジネスをとりまとめ、公表しています。
各ビジネスにおいて、ビジネスの対象範囲の拡大(新規メニューの追加等)、利用条件の変更(利用料の減免等)、積極的な相談対応等を実施しています。
詳細はこちらを御覧ください。

【未利用食品についてのフードバンクへの情報提供】 NEWアイコン
新型コロナウイルス感染症対策に伴い、食品関連事業者から発生する未利用食品のフードバンクへの寄附を推進するため、これらの食品に関する情報を集約し、全国のフードバンクに一斉に発信する取組を行っています。詳細はこちらを御覧ください。

TOPICS NEWアイコン

【食品ロス削減のための消費者啓発に取り組む小売・外食事業者、地方自治体の最終的な応募者の公表】
ポスターなどを活用して、「てまえどり」を含めた消費者啓発に取り組む小売・外食事業者、事業者に取組を促す地方自治体を募集し、取組事業者、自治体を公表しました。
取組事例や取り組む地方自治体の食品ロス関連ページも掲載しています。
詳細は、こちらをご覧ください。

農林水産省の災害備蓄食品有効活用について
農林水産省では、食品ロス削減及び生活困窮者支援等の観点から、国の災害用備蓄食品としての役割を終えたものを有効に活用するため、令和元年度よりフードバンク団体等への提供に取り組むこととしております。詳細はこちらをご覧ください。

【食品ロス量(令和2年度推計値)の公表】
農林水産省及び環境省は、食品ロス削減の取組の進展に活かすため、食品ロス量の推計を行い、公表しています。
令和2年度の食品ロス量は522万トン(▲48万トン)、このうち食品関連事業者から発生する事業系食品ロス量は275万トン(▲34万トン)となりました。
詳細はこちらをご覧ください。

【商慣習見直しを進める事業者が昨年度より大幅に増加!】
10月の食品ロス削減月間に合わせて、商慣習の見直しに取り組む食品事業者の募集を行ったところ、令和3年10月29日時点で納品期限緩和に取り組む小売事業者は186社、賞味期限表示の大括り化に取り組む食品製造業者は223社となりました。
また、各事業者の商慣習の見直しを含めた食品ロス削減や食品リサイクルの取組について、事例を掲載しました。
詳細は、こちらをご覧ください。


【小売店舗における消費者に向けた「てまえどり」の推進】
令和3年6月1日(火曜日)より、食品ロス削減に向け、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会、消費者庁、環境省と連携して、小売店舗が消費者に向けて「てまえどり」を呼びかける取組を行っています。
その取組の一環として、小売店舗で消費者に向けて「てまえどり」を呼びかける啓発資材を提供いたします。
ダウンロードされる方は、こちらをご覧ください。

INDEX

食品ロスの削減

まずは、みんなで連携して食品ロス削減に取り組みましょう。

食品リサイクル

食品廃棄物は、まず発生抑制することが第一です。
そのうえで、発生した廃棄物は再生利用しましょう。

補助事業等のご案内

このページでは、食品ロス削減・リサイクル推進に関する補助事業等について掲載しています。 

関連リンク集

このページでは、食品ロス・食品リサイクルに関係する取組、省庁、団体等のリンクを掲載しています。

お問合せ先

新事業・食品産業部外食・食文化課食品ロス・リサイクル対策室

代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader