このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品ロスとは

食品ロスに関して「ろすのん」が説明するのん!
ろすのん解説画像

「ろすのん」は申請すればどなたでもご使用いただけます!
申請ページはこちら

1.食品ロスとは

食品ロスとは
「食品ロス」とは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品をいうのん。食べ物を捨てることはもったいないことで、環境にも悪い影響を与えてしまうのん。

日本ではどれくらいの食品ロスが発生しているの?(下図参照)
日本の食品廃棄物等は年間2,759万t
その中で本来食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」の量は年間643万tになっているのん。(平成28年度推計値
日本人の1人当たりの食品ロス量は1年で約51kgだのん。
これは日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量になるのん。

食品ロスは大きく分けると下記2つに分けることが出来るのん。
事業活動を伴って発生する食品ロス・・「事業系食品ロス」
各家庭から発生する食品ロス・・・・・「家庭系食品ロス」

643万tのうち
事業系食品ロスは352万t
家庭系食品ロスは291万t
となっているのん。

事業系の食品ロスは更に4業種に分類することができるのん。
食品製造業・・137万t
食品卸売業・・16万t
食品小売業・・66万t
外食産業・・・133万t

食品ロス量に関する図



食品ロスを減らすためには、家で食品ロスが出ないようにするだけでなくて、食べ物を買うお店、食べるお店でも食品ロスを減らすことを意識することが大切なんだのん
例えば、食べ物を買うお店や食べるお店では、
奥から商品をとらずに、陳列されている賞味期限の順番に買ったり、
包装資材(段ボール)ごと買う場合に、段ボールにちょっとのキズ・汚れがあっても、中身が問題なければそのまま買ったり(PDF : 326KB)
賞味期限の近い値引き商品を買ったり、
食べきれる分量を注文して、食べ残しを出さなかったり、
みんなのちょっとした行動が食品ロスを減らすのん。

こうした行動は、広い目でみれば、食料資源の有効利用や地球温暖化の抑制につながって、みんなの生活を守ることにもつながるのん!

食品ロスを削減するため、農林水産省では関係省庁と連携して様々な施策を推進しているのん。

詳細は下記の食品ロスに関する資料を参照してのん!

2.食品ロスに関する資料

食品ロス及びリサイクルをめぐる情勢

    食品ロスの現状や発生要因、削減に向けての取組をとりまとめています。(令和元年11月)NEWアイコン

食品ロスの現状(フロー図)

3.食品廃棄物等の発生抑制の取組

食品産業では、食品廃棄物の発生自体を減らす「発生抑制」の取組が重要であり、平成24年4月に食品リサイクル法にもとづく「発生抑制の目標値」が設定されました。

4.食品ロス削減月間 NEWアイコン

「食品ロスの削減の推進に関する法律(令和元年法律第19号)」(略称 食品ロス削減推進法)が令和元年10月1日から施行となりました。
これに伴い、10月は「食品ロス削減月間」、10月30日は「食品ロス削減の日」となっております。

食品ロス削減推進法について(消費者庁ホームページ):https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/promote/

令和元年度の取組

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室

代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066
FAX番号:03-6738-6552

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader