このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

水田農業の高収益化の推進

基本情報

主食用米の需要が毎年減少傾向にある中、水田農業の高収益化を推進し、農業・農村の活性化や担い手の確保を図っていくことが必要です。


主食用米の需要量推移グラフ

水田農業の高収益化を図るためには、野菜や果樹等の高収益作物のほか、労働生産性の高い子実用とうもろこしも適切に組み合わせて、経営を行っていくことが重要です。

水田における野菜や果樹等の高収益作物への転換等に当たっては、産地の関係者がよく話し合って合意形成を図り、基盤整備や施設・機械の導入等を行いながら取り組むことが重要です。

このため、令和2年度より、「水田農業高収益化推進計画」に基づき、国のみならず地方公共団体等の関係部局が連携して、こうした取組を計画的かつ一体的に推進し、水田における高収益作物や子実用とうもろこしの導入・定着を図ります。



支援イメージ図
【分割版】その1(PDF : 1,385KB)その2(PDF : 1,038KB)その3(PDF : 1,329KB)その4(PDF : 862KB)その5(PDF : 1,671KB)その6(PDF : 1,078KB)その7(PDF : 1,866KB)その8(PDF : 1,797KB)

支援策

【分割版】その1(PDF : 973KB)その2(PDF : 1,835KB)その3(PDF : 1,198KB)その4(PDF : 1,581KB)その5(PDF : 1,654KB)

水田農業高収益化推進計画

お問合せ先

(全般・経営転換のインセンティブ付与関係)
政策統括官付穀物課
担当者:美保、中田、菅原
ダイヤルイン:03-3597-0191

(技術・機械等の導入支援(園芸作物)関係)
生産局園芸作物課
担当者:高井、光廣
ダイヤルイン:03-6744-2113

(技術・機械等の導入支援(子実用とうもろこし)関係)
生産局飼料課
担当者:吉尾、大藪
ダイヤルイン:03-3502-5993

(生産基盤の整備関係)
農村振興局設計課
担当者:宮袋、岩﨑
ダイヤルイン:03-3502-8695

お問合せ先

政策統括官付穀物課水田農業対策室

代表:03-3502-8111(内線4792)
ダイヤルイン:03-3597-0191
FAX番号:03-6744-2523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader