このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

ニュージーランド向け輸出用木材こん包材に関する情報

(令和2年8月24日)

[情報入手先]ニュージーランドの木材こん包材の規制に係るホームページアドレス

トップページ:

http://www.mpi.govt.nz/[外部リンク]

こん包材関係サイト:

I 要求の概要

 規則:Import Health Standard - Wood Packaging Material from All Countries[外部リンク] により規制される。
   1  対象

       木材こん包材(
ダンネージを含む商品の支持・保護・運搬に使用される木材又は木製品
   
  
2  消毒の内容

   国際基準No.15に従った消毒処理を行うこと。

   3  消毒済みマークの表示等
     (1) 木材こん包材の各ユニットに国際基準No.15に準拠したマークを押印すること。

     (2) 上記のマークの代わりに証明書を添付する場合は、国際基準No.15に準拠した処理内容を植物検疫証明書又はニュージーランド規則による処理証明書に英文で記載すること。

   4  不適合の場合の処理

(1)  国際基準No.15の附属書 1 に従って到着時に処理(樹皮が同付属書の許容範囲を超える場合、処理前に樹皮を除去)。

(2)  到着時に検査官による検査。

II その他のこん包材

以下のものについてはImport Health Standard の規則で制限される。

(1)生きた動物の運搬に用いられたクレートワイン樽、製造された木材製品
        Woodware from All Countries

(2)おがくず、ウッドチップ、かんなくず及び木毛
        Sawdust, Shavings, Wood Chips and Wool from All Countries

(1) ~ (2) の規則については Requirement documents for importing wood products[外部リンク]の各該当項を参照ください。

III 補足

   これまでの経緯

  • 2003年4月29日、これまでの木材こん包材規制に加えて、国際基準No.15に沿った規制も認める旨を各国に通知した。
  • 2003年4月16日から、従来の取扱いに加え、国際基準No.15に沿った措置も認める旨を公表した。
  • 2006年2月24日、ニュージーランド政府は木材こん包材に関する輸入規制を改正する旨を各国に通知した。
  • 2006年5月9日、ニュージーランド政府は木材こん包材に関する輸入規制を改正した旨を各国に通知した。
  • 2009年9月15日、これまでの木材こん包材規則に加えて、2009年4月に改正の国際基準No.15に基づく規制(樹皮の剥皮等)の実施を各国に通知した。
  • 2009年10月19日、規則内容のリン化水素を用いた消毒基準等を一部改正した。
  • 2009年11月9日、改正した木材こん包材に関する輸入規則を施行した旨を各国に通知した。
  • 2020年7月20日、改正した木材こん包材に関する輸入規則を施行した旨を各国に通知した。