このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー
検査を受けるべき種苗及び適用除外地域の指定に関する件

植物防疫法(昭和二十五年法律第百五十一号)第一三条第一項の指定種苗として次の植物を指定し、同法第十六条第一号の地域を次のように定め、昭和二十六年三月一日から適用する。
一馬鈴しよ(次に掲げるものであつて、あらかじめ、別記様式により植物防疫官に届け出たものを除く。)
(一)昭和二十六年二月二十七日農林省告示第五十九号(種馬鈴しよ検疫規程)第三条に規定する有害動物
及び有害植物のすべてを除去した上で行われる組織培養による馬鈴しよの母本の作成の用に供されるもの
(二)(一)により作成された馬鈴しよの母本(譲渡又は譲渡を委託する場合にあつては、(一)の作成後初めて譲
渡されるものに限る。)
(三)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構に譲渡され、その業務(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構法(平成十一年法律第百九十二号)第十四条第三項及び第四項に規定するものに限る。)の用に供されるもの
(四)都道府県の試験研究機関、農林水産省が所管する独立行政法人又は都道府県が設立した地方独立行政法人に譲渡され、その試験研究の用に供されるもの
(五)植物防疫所若しくは那覇植物防疫事務所又は病害虫防除所に譲渡され、これらの機関が行う検疫、防除、
調査又は研究の用に供されるもの
(六)植物防疫法第八条の規定による検査に合格し、植物防疫官によりその旨の証明を受けたもの
 
二北海道、青森県、岩手県、福島県、群馬県、山梨県、長野県、岡山県、広島県、長崎県及び熊本県を除く各都道府県の地域
 
 
別記様式
種馬鈴しよ(譲渡・移出)届出書
植物防疫法第十三条第一項の指定種苗の対象から除外される種馬鈴しよの(譲渡・移出)について、下記のとおり届け出ます。
 
住所
申請者
      氏名                                 印
 
年月日
・・・・・・植物防疫所(・・・・・支所又は出張所)植物防疫官殿
 
1.譲渡又は移出先の名称及び住所
2.譲渡又は移出される種馬鈴しよに係る利用目的又は契約内容
 
譲渡又は移出の具体的な内容
 
3.譲渡又は移出予定時期
4.譲渡又は移出予定馬鈴しよ
品種名
 
 
 
 
 
形態
 
 
 
 
 
数量
 
 
 
 
 
注1:形態の欄には、塊茎、種子又は植物体のいずれかを記入する。
注2:数量の欄には、kg、個数又は本数のいずれかを記入する。
備考:氏名を自署する場合においては、押印を省略することができる。
 
一号・・・一部改正〔平成二〇年六月農林水産省告示九一七号〕
二号・・・一部改正〔昭和二六年三月農林省告示八〇号・三二年四月二五九号・三三年三月一四二号・五二年五月五二九号〕
別記様式・・・追加〔平成二〇年六月農林水産省告示九一七号〕