このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー
ミバエ類等侵入警戒調査実施要領

沿革
昭和62年1月26日 62農蚕第45号
平成05年6月30日 5農蚕第4319号
平成07年11月1日 7農産第 1号
平成10年3月31日 10農産第2732号
平成10年4月27日 10農産第3282号
平成12年7月14日 12農産第5129号
平成13年1月5日 12農産第9156号
平成15年6月30日 15生産第2459号一部改正
平成16年11月10日 16消安第5939号一部改正
平成18年3月30日 17消安第13770号
平成19年10月1日 19消安第7220号一部改正
平成21年5月25日 21消安第1417号一部改正
第1  趣旨 
   植物防疫所(那覇植物防疫事務所を含む。以下同じ。)は、新たに国内に侵入し、又は既に国内の一部に存在している有害動物若しくは有害植物がまん延して有用な植物に重大な損害を与えるおそれが生じる前にこれを把握し、これらの駆除又はそのまん延防止に資するため、この要領の定めるところにより侵入警戒調査を実施するものとする。
 
第2  調査対象有害動植物
   調査の対象となる有害動物及び有害植物(以下「調査対象有害動植物」という。)は別表に掲げるとおりとする。

第3  調査対象地域  
   調査対象地域は、調査対象有害動植物が侵入する危険性の高い海空港及び郵便事業株式会社の事業所(通関手続をするものに限る。)並びに植物防疫所長(那覇植物防疫事務所長を含む。以下同じ。)が必要と認める場所とする。

第4  調査方法 
   調査対象有害動植物の調査は、調査地点周辺の寄主植物を含む植物相を把握した上で、別表に掲げる方法により実施するものとする。
 
第5  調査期間及び調査回数
   調査期間及び調査回数は別表に掲げるとおりとする。
ただし、植物防疫所長が必要と認める場合には、調査対象地域ごとに調査期間を変更することができるものとする。

第6  記録及び通報 
1  植物防疫所長は、調査実施年の計画を別記様式1に、前年の調査結果を別記様式2にそれぞれ記録するものとする。
2   植物防疫所長は、調査対象有害動植物が発見された場合には、直ちに農林水産省消費・安全局植物防疫課長に通報するものとする。

第7  協力 
   植物防疫所は、都道府県が実施するミバエ類等侵入警戒調査に協力するとともに、第6の1に基づいて記録された情報等の交換を図り、都道府県と連携を保つものとする。

第8  その他 
   この要領に定めるもののほか、ミバエ類等侵入警戒調査の実施につき必要な事項については、植物防疫所長が別に定めるものとする。


別表
別記様式1
別記様式2