このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー
カンキツグリーニング病菌に関する移動制限植物の検疫の実施について

沿革
平成09年8月1日 9農産第5633号
平成19年4月12日 19消安第323号
第1  趣旨
植物防疫法施行規則(昭和25年農林省令第73号。以下「規則」という。)第35条の4第1項第2号に規定された植物についての植物防疫法(昭和25年法律第151号)第16条の2第1項の規定に基づく検査並びに法第18条第1項の規定に基づき制定された「カンキツグリーニング病菌の緊急防除に関する省令」(平成19年農林水産省令第8号。以下「省令」という。)第4条第1項の規定に基づく検査(以下単に「検査」という。)は、移動制限植物等検疫実施要領(昭和47年5月15日付け47農政第216号農政局長通達。以下「要領」という。)に定めるほか、この通達によるものとする。
 
第2  定義
この通達において「対象植物」とは、からたち属、きんかん属及びみかん属植物の生植物の穂木(茎葉及び芽を含む。)又は苗木(盆栽を含む。)をいう。
 
第3  検査申請の提出等
1 対象植物の検査に係る規則第35条の4第3項の検査申請書(規則第22号の4様式)又は省令第4条第2項の検査申請書(省令別記様式第1号)の提出は、検査を担当する植物防疫所(那覇植物防疫事務所、支所及び出張所を含む。以下同じ。)の植物防疫官に対し行わせるものとする。
2 植物防疫官は、規則第35条の4第2項のただし書に規定する対象植物の所在地における検査又は省令第4条第1項に基づく検査(以下「所在地検査等」という。)を受けようとする者に対し、検査申請書に別記様式1のカンキツグリーニング病菌に関する移動制限植物栽培状況を添付させ、検査申請のあった苗木ごと又は穂木が採取される予定のほ場植栽樹(以下「ほ場植栽樹」という。)ごとに識別番号札を付させるものとする。
 
第4  検査の方法
1 検査は、検査申請のあった対象植物(以下「申請植物」という。)又はほ場植栽樹の全量に対し、次の項目について行うものとする。
(1)ミカンキジラミの付着及びカンキツグリーニング病の外部病徴の確認(以下「一次検査」という。)。
(2)一次検査終了後、申請植物又はほ場植栽樹から採取された試料を用いたPCR検定(ポリメラーゼ連鎖反応による検定方法をいう。)又は接種検定(接木接種による検定方法をいう。)によるカンキツグリーニング病菌の保毒状況の確認(以下「二次検査」という。)。
2 所在地検査等は、前項に掲げるもののほか、次の項目について行うものとする。
(1)申請植物又はほ場植栽樹について、窓等の開口部にすべて網(孔の直径が0.6ミリメートル以下のものに限る。)が張られている等ミカンキジラミの侵入を防止するための措置が講じられている施設に植栽されているか否かの確認。
(2)植栽施設内におけるミカンキジラミの防除措置等の管理状況の確認。
(3)植栽施設内の申請植物又はほ場植栽樹以外の対象植物についてのカンキツグリーニング病の病徴の確認。
3 植物防疫官は、第1項及び第2項の検査結果を別記様式2のカンキツグリーニング病
菌に関する移動制限植物検査成績表に記載するものとする。
 
第5  検査合格の基準
1 検査の合否判定は申請植物又はほ場植栽樹ごとに行うものとし、次の条件が満たされた場合に合格とするものとする。
(1)一次検査にあっては、ミカンキジラミの付着及びカンキツグリーニング病の病徴が認められないこと。
(2)二次検査にあっては、カンキツグリーニング病菌が認められないこと。
2 所在地検査等にあっては、前項に掲げるもののほか、二次検査が終了するまでの間、次の条件が満たされている場合に合格とするものとする。
(1)申請植物又はほ場植栽樹が、ミカンキジラミの侵入を防止するための措置が講じられている施設に植栽されていること。
(2)植栽施設内において、ミカンキジラミの防除措置等の適切な管理が行われていること。
(3)植栽施設内の申請植物又はほ場植栽樹以外の植物にカンキツグリーニング病の病徴が認められないこと。
 
第6  検査の簡素化に係るほ場植栽樹の登録
1 植物防疫官は、所在地検査等に合格したほ場植栽樹であつて、引き続きこれから採取した穂木を移動することが見込まれるものについては、別記様式3のカンキツグリーニング病菌に関する移動制限植物登録台帳(以下「登録台帳」という。)に記載して登録するものとする。
2 前項の登録を受けているほ場植栽樹から採取された穂木については、二次検査を省略することができるものとする。
3 第1項の登録の有効期間は3年間とするが、有効期間の到来前であっても、植物防疫官において登録されたほ場植栽樹が第5第2項の基準を満たしていないと認める場合は、登録を取り消すものとする。
 
第7  記録
植物防疫所長(那覇植物防疫事務所長を含む。)は、前年における要領及び本通達に基づく検疫実施状況につき、別記様式4のカンキツグリーニング病菌に関する移動制限植物検査実績により記録するものとする。


別記様式1
別記様式2
別記様式3
別記様式4