このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー
カンキツグリーニング病菌駆除確認調査実施要領

第1  趣旨
植物防疫法(昭和25年法律第151号。以下「法」という。)第16条の2及び第16条の3、植物防疫法施行規則(昭和25年農林省令第73号)第35条の2及び第35条の7並びに法第18条第1項の規定に基づくカンキツグリーニング病菌の緊急防除に関する省令(平成19年農林水産省令第8号)により、移動の制限及び禁止がなされているカンキツグリーニング病菌(以下「本病菌」という。)の、鹿児島県内において国が行う駆除確認調査は、この要領に定めるところによる。
 
第2  調査対象地域の指定
門司植物防疫所長は、本病菌の駆除が十分なされたと認められる地域がある場合、あらかじめ鹿児島県知事と協議の上、調査の対象地域を指定し、鹿児島県知事に通知するものとする。
 
第3  調査の実施者
調査は、植物防疫官又は植物防疫員が実施するものとする。
 
第4  調査の方法
調査は、本病菌の発生の有無について、次の方法により実施するものとする。
(1)調査は、調査対象地域の本病菌の宿主植物について、カンキツグリーニング病(以下「本病」という。)の疑似症状の有無を肉眼で確認することにより行う。
   (2)(1)の調査により宿主植物に本病の疑似症状を認めた場合には、当該植物から試料を採取する。
(3)採取した試料について、遺伝子診断法による検定を行う。
 
第5  調査期間
調査期間は1年とする。
ただし、植物防疫官が必要と認めた場合には、さらに1年間まで延長することができる。
 
第6  調査結果の報告
門司植物防疫所長は、調査終了後、その結果を別記様式にとりまとめ、鹿児島県知事に通知するものとし、併せて消費・安全局長に駆除の成否とともに報告するものとする。
 
第7  その他
本病菌の検定方法など調査を実施する上で必要な事項については、別途、門司植物防疫所長が定めるものとする。


別記様式