このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー
輸入穀類等検疫要綱
 
〔昭和46年2月6日 45農政第2628号〕
 

 沿革
昭和46年07月31日 46農政第4031号 [一部改正]
昭和46年10月28日 46農政第5702号 [一部改正]
昭和48年03月14日 48農蚕第 201号 [一部改正]
昭和48年08月31日 48農蚕第5179号 [一部改正]
昭和50年11月14日 50農蚕第6135号 [一部改正]
昭和52年03月07日 52農蚕第1297号 [一部改正]
昭和52年08月20日 52農蚕第5351号 [一部改正]
昭和52年11月16日 52農蚕第7455号 [一部改正]
昭和53年01月18日 53農蚕第 199号 [一部改正]
昭和53年05月17日 53農蚕第3005号 [一部改正]
昭和53年09月30日 53農蚕第6963号 [一部改正]
昭和53年10月03日 53農蚕第7100号 [一部改正]
昭和61年01月30日 61農蚕第 473号 [一部改正]
昭和62年04月16日 62農蚕第1440号 [一部改正]
昭和63年11月25日 63農蚕第2348号 [一部改正]
平成元年04月24日 元農蚕第2228号 [一部改正]
平成04年03月31日 4農蚕第1612号 [一部改正]
平成04年07月01日 4農蚕第4057号 [一部改正]
平成06年04月01日 6農蚕第1239号 [一部改正]
平成07年07月17日 7農蚕第5061号 [一部改正]
平成07年11月01日 7農産第 1号 [一部改正]
平成09年03月31日 9農産第2322号 [一部改正]
平成09年09月26日 9農産第6787号 [一部改正]
平成10年02月20日 10農産第 758号 [一部改正]
平成11年01月11日 10農産第9493号 [一部改正]
平成11年03月29日 11農産第 874号 [一部改正]
平成12年05月25日 12農産第1643号 [一部改正]
平成13年05月11日 13生産第 279号 [一部改正]
平成15年03月10日 14生産第9732号 [一部改正]
平成16年03月02日 15消安第6556号 [一部改正]
平成16年07月16日 16消安第3042号 [一部改正]
平成18年04月12日 17消安第13646号 [一部改正]
平成18年07月21日 18消安第4046号 [一部改正]
平成19年04月12日 19消安第423号 [一部改正]
平成20年11月04日 20消安第8182号 [一部改正]
平成23年06月14日 23消安第1524号 [一部改正]
平成23年09月07日 23消安第2804号 [一部改正]
平成28年05月27日 28消安第1082号 [一部改正]
平成31年03月29日 30消安第6258号 [一部改正]
令和02年07月09日 2消安第1058号 [一部改正]
令和02年12月25日 2消安第4274号 [一部改正]
 
 
 
(目的及び定義)
第1  植物防疫法(昭和25年5月4日法律第 151号。以下「法」という。)、同法施行規則(昭和25年6月30日農林省令第73号。以下「規則」という。)及び輸入植物検疫規程(昭和25年7月8日農林省告示第 206号。以下「規程」という。)に基づく輸入穀類等の検疫を斉一、かつ、円滑に実施するため、この要綱を定める。
2  この要綱で「穀類等」とは、種苗用以外の用に供する目的で輸入されるか穀類、しゅく穀類、コプラ、ひま、ごま、ペレット類、油粕類、穀粉類、飼料用植物、わら等(これらの容器包装を含む。以下同じ。)をいう。  
3  この要綱で「輸入」とは、本船からはしけ、機帆船、陸揚場等への卸下若しくは内航船への積替え又は航空機から飛行場内への卸下をいう。ただし、「海上コンテナー詰輸入植物検疫要領」(昭和47年8月24日付け47農政第4502号)及び「航空コンテナー等積替確認実施要領」(昭和58年9月26日付け58農蚕第5594号)の規定による積替えのための一時卸下を除くものとする。  
4  この要綱で「検査」とは、法第8条第1項又は第3項に規定された検査をいう。
5  この要綱で、同一本船にばら積みで積載されている同一穀類等を2港以上の港に輸入する場合において、当該穀類等を最初に卸下する港を「先港」、2番目以降に卸下する港を「後港」といい、「一港検査方式」とは、先港を担当する植物防疫所(植物防疫事務所、支所及び出張所を含む。以下同じ。)の植物防疫官が、先港に卸下される当該穀類等の検査と同時に後港に卸下される同一の穀類等の検査を実施することをいう。
なお、一港検査方式は、以下の条件をすべて満たす場合に行うものとする。
(1) 当該穀類等を輸入しようとするすべての者の一港検査方式をとることについての同意があること。
(2) 先港において卸下が行われ、かつ、同一穀類等が収容されているすべてのハッチについて検査が可能であること。
6  この要綱は、貨物として輸入される穀類等について適用するものとし、携帯品及び郵便として輸入される穀類等については、必要に応じて準用するものとする。
7  海上コンテナー詰輸入穀類等の検疫は、この要綱に定めるもののほか「海上コンテナー詰輸入植物検疫要領」に基づき実施するものとする。
8  電子情報処理組織を使用して行われる検査申請手続等については、この要綱に定めるもののほか、「電子情報処理組織による輸入検査関係事務手続要領」(平成9年3月31日付け9農産第2321号農産園芸局長通達)に基づき実施するものとする。
 
(輸入検査の申請)
第2  規則第10条の規定による検査申請書(規則第4号様式)の提出は、本船の入港又は航空機の到着後、遅滞なく、当該港又は当該飛行場における輸入穀類等の検疫を担当する植物防疫所の植物防疫官に対して行わせるものとする。ただし、本船積み輸入穀類等にあっては、当該本船の入港予定期日の7日前から、検査申請書の提出を行わせることができるものとする。
2  一港検査方式を行う場合には、植物防疫官は、先港で卸下する穀類等を輸入した者(以下「輸入者」という。)又は輸入者から検査の申請、規則第12条の措置若しくは法第9条第1項の措置による消毒等の業務を委任を受けた者(以下「管理者」という。)に、当該先港に本船の入港後遅滞なく、当該穀類等に係る前項の検査申請書のほか、一港検査願(別記様式1)、荷捌き計画書及び揚げ港別の本船積付け明細書を先港を担当する植物防疫所に提出させ、後港で卸下する穀類等の輸入者又は管理者に、先港での検査の前に前項の検査申請書のほか一港検査願を、また、当該後港に本船が入港後遅滞なく荷捌き計画書を後港を担当する植物防疫所に提出させるものとする。
   後港を担当する植物防疫所は、後港で卸下する穀類等の輸入者又は管理者から検査申請書及び一港検査願が提出されていることを先港を担当する植物防疫所に通報し、一港検査願の写し(ファックスを含む。)を送付する。
 
(輸入業務の委任)
第3  植物防疫官は、輸入者が検査の申請、規則第12条の措置又は法第9条第1項の措置による消毒等の業務を管理者に委任する場合には、当該輸入者に当該業務を委任することを明らかにする書面を提出させるものとする。
 
(検査の通知)
第4  植物防疫官は、第2の検査申請書を受理したときは、規則第11条の規定に基づき、輸入者又は管理者に対し、速やかに検査を行う期日及び場所を通知しなければならない。
 
(検査の時期)
第5  検査は、本船においてハッチ内で第8の(1)の検査が適切に実施できる状態であることを確認した後速やかに実施するものとする。 
     ただし、やむを得ない理由により、本船において検査を行い得なかった場合は、はしけ又は倉庫内において行うことができる。 
 
(検査の場所)
第6  検査を行う場所は、当該穀類等が輸入された規則第6条第1項第1号の港の港域(港則法施行令(昭和40年政令第 219号)の別表の第1に掲げる港の区域をいう。)内又は当該穀類等が輸入された規則第6条第2号及び第3号の飛行場内の植物防疫官が指定する場所とする。ただし、第5ただし書の規定により検査を行う場合は、港頭地域(植物防疫所長(植物防疫事務所長を含む。)が定めて公表した区域をいう。)内の植物防疫官が指定する場所とする。
 
(検査の立会い等)
第7  植物防疫官は、規則第12条の規定に基づき、輸入者又は管理者を検査に立会わせ、当該穀類等の運搬、荷解き、荷造りその他の措置を行わせることができる。  

(検査の方法)
第8  検査は、次の方法により行うものとする。
(1) ハッチ内の検査 
   規程第1条第3項第6号の予備検査として、検疫有害動植物の付着の有無について、各ハッチの内壁及び穀類等の表面を綿密に検査する。 
   次に当該穀類等の検査荷口ごとに、規程別表第1に掲げる数量について、ふるい別検査等を行う。
(2) はしけ又は倉庫内の検査
   ハッチ内の検査に準じて行う。
 
(合格の基準)
第9  検査の結果、当該穀類等が規程第2条の各号に該当すると認められた場合はこれを合格とする。
 
(不合格の通知)
第10 植物防疫官は、検査の結果、当該穀類等に検疫有害動植物があると認めたときは、これを不合格として、直ちにその旨を輸入者又は管理者に通知し、法第9条第1項の規定に基づき、当該穀類等を消毒し、又は廃棄すべきことを命じなければならない。 
2  前項の場合において、植物防疫官は、輸入者又は管理者から要求があったときは、規則第22条の規定に基づき、消毒又は廃棄命令書(規則第11号様式)を交付しなければならない。
3  第1項の場合において、植物防疫官は、輸入者又は管理者にその消毒又は廃棄の実施に先だって、消毒(廃棄)計画書(別記様式2)を2部提出させ、その適否について認定するものとする。ただし、第13第1項ただし書を適用する場合はこの限りでない。  
 
(検査結果の通報等)
第11 同一本船に積載されている穀類等を2港以上の港に輸入する場合においては、先港における穀類等の検査を実施した植物防疫官は、その結果を遅滞なく後港における検疫を担当する植物防疫所にファックスその他の方法で通報するものとする。
 
(消毒方法の基準)
第12 第10の処分による消毒(以下「消毒」という。)は、規程別表第3に定めるもののほか別表に掲げる基準に適合した方法により行わせなければならない。ただし、麦角又は菌核混入穀類等の加工消毒は「麦角菌核混入穀類等取締り要領」(昭和46年2月6日付け45農政第2628号農政局長通達)により、検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシの加工消毒は「検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシ加工消毒実施要領」(平成16年7月16日付け16消安第3042号消費・安全局長通知)により行わせるものとする。  
 
(消毒を行う場所)
第13 消毒を行う場所は、当該穀類等を検査した港域若しくは港頭地域内又は当該穀類等を検査した飛行場内の植物防疫官が指定する場所とする。
ただし、輸入者又は管理者から上記以外の場所へ輸送して消毒したい旨の輸送後消毒申請書(別記様式3)の提出があった場合において、植物防疫官は、次に掲げる各号のすべてに該当し、かつ、その取締りが可能であると認めたときは、これを行わせることができる。
(1) 輸送は水路により行われること。
(2) 輸送中に検疫有害動植物の分散を防止する措置がとられること。
(3) 着地において消毒を行う倉庫等の施設が消毒効果を十分確保しうるものであること。
(4) 消毒を実施する者が消毒についての技術を有し、責任をもって当該消毒を実施すると認められること。
2  植物防疫官は、輸入者又は管理者に対し、当該穀類等の運搬に使用した船車等及び荷役場所につき別表に掲げる薬剤散布等の措置を行わせるものとする。  
3  輸入者又は管理者から当該穀類等が検査された港域又は港頭地域から他の港頭地域へ陸路輸送して消毒したい旨の申し出があった場合には「消毒貨物の積替え陸路輸送取締実施要領」(昭和61年1月30日付け61農蚕第473 号農蚕園芸局長通達)の規定によるものとする。
 
(加工消毒工場の指定)
第14 植物防疫所長(植物防疫事務所長、支所長及び出張所長を含む。次項において同じ。)は、麦角又は菌核混入穀類等について第12の消毒を円滑に実施するため、別に定める「麦角菌核混入穀類等加工消毒工場指定要領」に基づき、麦角菌核混入穀類等加工消毒工場の指定を行うものとする。
2  植物防疫所長は、検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシについて第12の消毒を円滑に実施するため、別に定める「検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシ加工消毒工場指定要領」に基づき、検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシ加工消毒工場の指定を行うものとする。 
 
(消毒又は廃棄の立会い)
第15 植物防疫官は、第10の消毒又は廃棄を命じたときは、輸入者又は管理者が消毒又は廃棄を実施する際これに立会うものとする。ただし、輸入者又は管理者が消毒について技術を有し、当該命令にかかる消毒を適正、かつ、確実に実施すると認められる場合には立会いを省略することができる。
 
(危害防止)
第16 植物防疫官は、くん蒸による消毒を命じたときは、輸入者、管理者又はくん蒸者に対し、「植物検疫くん蒸における危害防止対策要綱(昭和43年4月22日付け43農政B第699号)」に基づき、指導するものとする。
 
(消毒実施の報告)
第17 植物防疫官は、輸入者又は管理者が消毒を実施したときは、その旨を報告させるものとする。 
 
(消毒効果の確認)
第18 植物防疫官は、第17の報告を受けたときは、その効果について確認を行わなければならない。
くん蒸による消毒効果の確認は、供試虫又はガス濃度測定記録装置を用いて行うものとする。ただし、植物防疫官が、くん蒸剤等、くん蒸倉庫等、穀類等並びに検疫有害動植物の種類等の諸事情を勘案して、その必要を認めなかった場合は、残存ガス濃度の測定によることができる。
3  植物防疫官は、第1項の確認の結果、なお検疫有害動植物があると認めたときは、輸入者又は管理者に対し、再消毒又は廃棄を行わせなければならない。
 
(廃棄又はき損証明)
第19 植物防疫官は、穀類等を廃棄し、又は消毒により著しくき損した場合において、輸入者又は管理者の要求があったときは、処分証明書(規則第9号様式)を交付しなければならない。 
 
(輸入認可証明書の交付)
第20 植物防疫官は、輸入者又は管理者から、次の各号の一に該当する理由で輸入認可証明書を発給してもらいたい旨の申し出があったときは、穀類等輸入認可証明書(別記様式4の(イ))を交付することができる。
   ただし、植物輸入認可証印(別記様式4の(ロ))を押印した第2の検査申請書の写しをもって穀類等輸入認可証明書に替えることができる。
(1) 第10第1項の規定により消毒を命じられた場合で、植物防疫官により同第3項の消毒計画書が適当であると認定された場合
(2) 第13第1項のただし書に該当する場合
(3) いねもみ又は土の混入が認められ除去を行う場合
(4) はしけ通関又は本船通関を行う場合
2  一港検査方式を行う場合で、後港に卸下する穀類等について穀類等輸入認可証明書を交付するときは、先港で検査を行った植物防疫官が当該証明書を作成して先港で交付するか、後港を担当する植物防疫所に送付し、後港で交付する。植物輸入認可証印を押印するときは、後港で第2の検査申請書に押印する。
 
(業務の移管)
第21 植物防疫官は、自己の所属する植物防疫所以外の植物防疫所が指定した倉庫、工場等において消毒又は廃棄を命令する場合は、当該植物防疫所に当該穀類等についての輸送後消毒申請書の写し及び検査申請書の写しを送付するものとする。
 
(合格の証
第22 植物防疫官は、第9の規定により当該穀類等を合格としたときは、法第9条第4項及び規則第19条の規定により合格した旨の証明をしなければならない。
2  一港検査方式を適用した場合で、後港に卸下する穀類等について合格の証明をするときは、規則第7号様式(イ)の証印により行う場合は、本船の後港への入港後に後港を担当する植物防疫所から交付し、同様式(ロ)又は(ハ)の証明書で行う場合は先港で検査を行った植物防疫官が当該証明書を作成して後港を担当する植物防疫所に送付し後港で交付するものとする。
 
(情報の提供)
第23 植物防疫官は、輸入者又は管理者から、輸入検査の結果、検疫有害動植物が認められなかったことから合格となり、消毒命令によるくん蒸を行わなかった旨の情報提供を求められた場合には、合格理由書(別記様式5)により提供することができるものとする。

 
附則(令和2年12月25日 2消安第4274号)
1  この通知の施行の際限にあるこの通知による改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、この通知による改正後の様式によるものとみなす。
2  この通知の施行の際限にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。 
  
 
別表(第12関係)
別記様式1(第2関係)
別記様式2(第10関係)
別記様式3(第13関係)
別記様式4(第20関係)
別記様式5(第23関係)
参考資料