このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー
検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシ加工消毒工場指定要領
 
〔平成16年7月16日 16消安第3042号消費・安全局長通知〕
 

沿革
平成18年07月21日 18消安第4046号 [一部改正]
令和03年01月12日 2消安第4283号 [一部改正]
 
 

(目的)
第1  輸入穀類等検疫要綱(昭和46年2月6日付け45農政第2628号農政局長通知)第14の規定に基づく検疫有害動物付着コーンスターチ用トウモロコシ加工消毒工場(以下「コーンスターチ加工消毒工場」という。)の指定を円滑に行うため、この要領を定める。
 
(定義)
第2  この要領で「コーンスターチ加工消毒工場」とは、コーンスターチ、グルテンフィード等を製造するための温湯浸漬処理等により、検疫有害動物が付着する輸入トウモロコシを消毒するための工場をいう。  
 
(指定基準)
第3  コーンスターチ加工消毒工場の指定は、別表1の基準(以下「指定基準」という。)に基づいて行うものとする。  
 
(指定の申請)
第4  植物防疫官は、第3の指定を受けようとする者に対し、コーンスターチ加工消毒工場指定申請書(第1号様式)を当該工場の住所地を管轄する植物防疫所長(植物防疫事務所長、支所長及び出張所長を含む。第15を除き以下同じ。)に提出させるものとする。
 
(審査)
第5  植物防疫所長は、第4の申請書の提出があったときは、植物防疫官に次の審査を行わせるものとする。
(1) 書類審査
申請書に基づき、当該工場の施設が指定基準に適合するか否かを審査するものとする。なお、審査の結果、指定基準に適合しないと認めたときは、(2)の実地審査は行わないものとする。
(2) 実地審査
当該工場の施設が申請書記載事項の内容と合致しているかどうか、現地において審査するものとする。
 
(審査結果の報告)
第6  植物防疫官は、第5の審査終了後、遅滞なく、その結果をとりまとめ、意見を付して植物防疫所長に報告しなければならない。
 
(指定の決定)
第7  植物防疫所長は、第6の報告を受けたときは、その内容を審査し、指定基準に適合している工場について植物防疫所指定コーンスターチ加工消毒工場として指定するものとする。  
 
(指定の通知)
第8  植物防疫所長は、第7の指定を行った後、遅滞なく、書面(第2号様式)をもって申請者に通知するものとする。  
 
(指定工場の表示及び加工消毒実施記録表の備え付け)
第9  植物防疫所長は第7の指定を行ったときは、指定申請者に対し、当該工場に「植物防疫所指定コーンスターチ加工消毒工場」の表示を掲げさせるとともに、加工消毒実施記録表(第3号様式。きょう雑物をグルテンフィードの製造(乾燥)工程において処理する場合には第4号様式を含む。以下同じ。)を備え付けさせ、加工消毒のつど加工消毒実施記録表にその実績を記録させるものとする。 
 
(指定の有効期間)
第10 コーンスターチ加工消毒工場の指定の有効期間は、3年とする。
 
(届 出)
第11 植物防疫所長は第10の期間中に次の事項が生じたときは、当該工場の指定申請者に対し、遅滞なく、その旨を届出させるものとする。
(1) 申請書の記載事項に変更があった場合
(2) 災害その他の事由により当該工場が破損等した場合
(3) 工場を閉鎖した場合  
2  植物防疫所長は、第1項の届出があったときは植物防疫官に届出事項等について審査を行わせるものとする。 
 
(指定取消し等)
第12 植物防疫所長は、第10の期間中に次の事項が生じたときは、指定の取消し又は使用の一時停止を行うことができる。
(1) コーンスターチ加工消毒成績が不良なとき
(2) 改造、破損等により当該工場が指定基準に適合しなくなったとき
(3) 当該コーンスターチ加工消毒工場の指定申請者又は責任者が植物防疫官が加工消毒効果を確保するため指示した事項に反する行為を行ったとき
2  植物防疫所長は、前項により、コーンスターチ加工消毒工場の指定の取消し又は使用の一時停止を行ったときは、当該コーンスターチ加工消毒工場にかかる「植物防疫所指定コーンスターチ加工消毒工場」の表示の掲示を止めさせるものとする。 
 
(継続指定等の申請)
第13 第10の指定の有効期間終了後、引き続き当該工場を植物防疫所指定コーンスターチ加工消毒工場として使用しようとする者に対し、当該有効期間終了の日の1箇月前までにコーンスターチ加工消毒工場指定申請書を指定を受けている植物防疫所長に提出させるものとする。   
 
(継続指定等の決定及び通知)
第14 植物防疫所長は、第13の申請があったときは、植物防疫官に第5の審査を行わせるものとする。ただし、第5(1)の書類審査の結果、当該工場の施設に変更がなく、かつ取締上支障がないと認めたときは、同(2)の実地審査を省略することができる。
2  審査結果の報告、指定の決定及び通知については、第6、第7及び第8の規定を準用する。
 
(加工消毒工場の公表)
第15 植物防疫所長及び植物防疫事務所長は、毎年4月1日現在における管内のコーンスターチ加工消毒工場をインターネットを利用して公表するものとする。  
 
 
  附則(令和3年1月12日 2消安第4283号)
1  この通知の施行の際限にあるこの通知による改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、この通知による改正後の様式によるものとみなす。
2  この通知の施行の際限にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。  
 
  
別表1
第1号様式
第2号様式
第3号様式
第4号様式