このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

 フィリピン共和国  Republic of the Philippines

最終更新日:令和2年2月6日

フィリピン共和国植物防疫機関名:

National Plant Quarantine Services Division, Bureau of Plant Industry, Department of Agriculture, Philippines

住所(電話):

692 San Andres St. Malate, Manila, Philippines (+632 523 9132 / 404 0409)

規則原文

 

備考

  最新の検疫情報

フィリピン植物検疫当局からWTO/SPS通報を通じて、「商業目的の植物、植物材料及び植物製品の輸入に関する指針」
を変更した旨の通知がありましたので、お知らせします。

(変更点)


1.登録輸入者として初めて登録する、もしくは変更する方法、必要書類などの規定を変更
      
2.
輸入米の要件として、「輸入許可書(SPSIC)に規定された日付以内に原産国から輸出され、必須輸出日から60日以内に到着すること」
      
(参考)以前の規定
「輸入許可書(SPSIC)の有効期限内に到着すること」

詳しくは目的地を管轄する植物検疫機関にご確認ください。
 Guidelines on the Importation of Plants, Planting Materials and Plant Products for Commercial Purposes [外部リンク]

注意事項

掲載している情報等は、可能な限り最新の情報に基づくよう留意しておりますが、変更されている場合があります。

なお、植物検疫の他に、種苗法による輸出制限、ワシントン条約やそれぞれの国の他の法令等により輸出入が制限される場合がありますので、ご留意下さい。