このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー
更新日:平成26年7月9日

地域の概要(農業の現状) 

信濃川上流部(内陸部)は中山間地帯の豪雪地帯で、地滑り地帯を中心に膨大な量の棚田があります。下流部は肥沃な沖積地帯が広がっており、たくさんの機械排水地区があります。農業産出額は米の収入減により低迷しています。
平成22年度の農業産出額構成割合は、コシヒカリを中心とする米が55%、畜産が18%、野菜が16%、その他(花卉、果樹等)10%と、米の割合が高くなっています。また、近年では、花卉、野菜のブランド化が進められています。

農業粗生産額(平成22年)

新潟県農業産出額は2,563億円、うち米が1,422億円で全体の55%を占めています。(出典:新潟農林水産統計年報)  

新潟県の農業産出額

 

新潟県の作物別作付面積

加工用トマトの収穫(苗場地区)

トマト収穫

トマトケチャップや、ジュースなどになります。

野沢菜の収穫(苗場地区)

野沢菜収穫

苗場地区で、野沢菜の収穫は年に2回(夏、冬)行われます。

お問合せ先

信濃川水系土地改良調査管理事務所
〒951-8133 新潟市中央区川岸町1丁目49-3
電話:025-231-5141
FAX:025-231-6986

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader