ホーム > 政策情報 > 農村振興 > 国営事業所・事務所 > 新川流域農業水利事業所 > 事業概要


ここから本文です。

事業概要 

事業目的 

本地区は、新潟県のほぼ中央部に位置し、新潟市、燕市及び西蒲原郡弥彦村にまたがる農地面積約19,500haの県内有数の水田農業地帯であり、海抜0m以下の土地が約2割を占める低平地となっています。

本地区の営農は、水稲を中心に、水田の畑利用による大豆、えだまめ等のほか、畑での野菜や果樹を組み合わせた農業経営が展開されており、良質な新潟米をはじめ多彩な農産物の生産を通じ、食料供給基地としての役割を果たしています。

(1) 新川流域地区

本地区の基幹排水施設である新川右岸排水機場は、国営かんがい排水事業「新川地区」により造成され昭和28年度から供用し、また、新川河口排水機場は国営かんがい排水事業「新川二期地区」により造成され昭和45年度から供用しています。

これら排水機場は、今日まで適正な維持管理をされていましたが、経年の変化に伴う老朽化及び維持管理費の増加により施設機能の維持が困難な状況となっております。

このため、本事業では、両排水機場を改修し、施設機能の維持及び維持管理費の軽減を図ることにより、農業生産の持続的発展及び農業経営の安定と併せて農地等の保全に資するものです。

(2) 新川流域二期地区

本地区の基幹的な農業排水施設は、国営新川土地改良事業(昭和20年度~昭和48年度)、国営鎧潟干拓土地改良事業(昭和33年度~昭和43年度)及び国営新川二期土地改良事業(昭和42年度~昭和54年度)で造成されましたが、経年的な施設の劣化により、排水樋門の堰柱のひび割れ、排水機場のコンクリート構造物の亀裂、ポンプ羽根車の欠損が生じているほか、排水路は、矢板の傾倒、腐食が生じており、排水機能に支障を来すとともに、維持管理に多大な費用を要しています。また、大規模地震の発生によりこれらの排水機能が喪失した場合、地域に甚大な被害をおよぼすおそれがあります。

このため、本事業により排水施設の改修と併せて耐震性を有していない施設の耐震化を行うことにより、排水機能の維持及び施設の維持管理の軽減を図り、農業生産の維持及び農業経営の安定に資するものです。

 

新川河口排水機場(S45竣工)

新川河口排水機場(S45竣工)


新川河口排水機場   自然排水樋門(S46竣工)

新川河口排水機場   自然排水樋門(S46竣工)


鎧潟排水機場(第1排水機場)(S38竣工)

鎧潟排水機場(第1排水機場)(S38竣工)


小新排水機場(旧機場)(S45竣工)

小新排水機場(旧機場)(S45竣工)


旧木山川排水機場(第1排水機場)(S33竣工)

旧木山川排水機場(第1排水機場)(S33竣工)


田潟排水機場(旧機場)(S35竣工)

田潟排水機場(旧機場)(S35竣工)


旧新川右岸排水機場(S28竣工)

旧新川右岸排水機場(S28竣工)


東部幹線排水路(S47竣工)

東部幹線排水路(S47竣工)


新木山排水路(S47竣工)

新木山排水路(S47竣工)

 

ページトップへ

一般計画平面図 

計画平面図


ページトップへ

受益面積 

 受益面積

ページトップへ

主要工事計画 

主要工事計画

ページトップへ

事業費・予定工期 

(1)事業費

新川流域農業水利事業               33,000百万円(平成25年度単価)

新川流域二期農業水利事業      22,000百万円(平成24年度単価)

 

(2)予定工期

新川流域農業水利事業   平成18年度~平成29年度

(平成30年度~平成32年度 : 施設機能監視制度適用期間)

新川流域二期農業水利事業   平成26年度~平成35年度

(平成36年度~平成38年度 : 施設機能監視制度適用期間

 

ページトップへ

新川流域地区 

(1)新川河口排水機場

新川河口排水機場は、昭和45年度の供用開始後、約40年が経過し、日本海に近接するため、ポンプ設備、コンクリート水路部とも塩分による腐食等の劣化が著しく、ポンプケーシング部の腐食穴やコンクリートのひび割れ等が多数確認されました。

そのためポンプ設備を入れ替えるとともに、コンクリート水路部については損傷状況に応じた工法を組み合わせた補修を行うこととしました。

現施設を供用しつつ、非出水期(10月から5月)に1台づつ順次更新工事を行っています。

 

旧施設羽根車

旧施設羽根車

ポンプ羽根車据付

ポンプ羽根車据付

 

新川河口排水機場   平成26年3月撮影

新川河口排水機場   平成26年3月撮影

 

ガイドケーシング腐食状況

ガイドケーシング腐食状況

溶接による補修状況

溶接による補修状況

ポンプ室隔壁部劣化状況

ポンプ室隔壁部劣化状況

除塵機側壁部劣化状況

除塵機側壁部劣化状況

 

ページトップへ

(2)新川右岸排水機場

新川右岸排水機場は、昭和28年度の供用開始後、約60年が経過し、ポンプ及び弁グランド部からの漏水、主軸(ポンプスリーブ)のすり減り、除塵機の腐食等が著しく進行し、運転上の不安が増大していました。また補修部品の調達も困難となっており、迅速な復旧が困難でした。

さらに、建屋部及び地下ポンプ室ともに多くのクラック、コンクリートのはく落、鉄筋の腐食、漏水等の劣化現象が見受られました。

そのため、隣接地に新たに排水機場を建設することとしました。

新機場は平成24年7月に供用開始し、その後、旧機場を平成24年11月に撤去しました。 

 

旧機場と新機場

旧機場と新機場

新川右岸排水機場   平成26年3月撮影

新川右岸排水機場   平成26年3月撮影

 

立軸軸流ポンプφ1,840×5台(旧機場)

 

  横軸斜流ポンプφ1,650×5台(新機場)

立軸軸流ポンプφ1,840×5台(旧機場) 立軸軸流ポンプφ1,840×5台(旧機場)   横軸斜流ポンプφ1,650×5台(新機場) 横軸斜流ポンプφ1,650×5台(新機場)

 

羽根ケーシング隙間拡大

羽根ケーシング隙間拡大

ポンプケーシング腐食状況

ポンプケーシング腐食状況

ポンプ室地下・コンクリート剥離状況

ポンプ室地下・コンクリート剥離状況

ポンプ室内・鉄筋腐食状況

ポンプ室内・鉄筋腐食状況

 

ページトップへ

新川流域二期地区 

(1)新川河口排水樋門

堰柱のひび割れや鋼材腐食が進行しているため、下流に新しい排水樋門を建設します。

堰柱コンクリートの剥離

堰柱コンクリートの剥離

ゲートの腐食

ゲートの腐食

シープ部の腐食

シープ部の腐食

 

(2)田潟排水機場、旧木山川排水機場、鎧潟排水機場

コンクリート構造物の亀裂、ポンプ羽根車の欠損が生じているため、ポンプ場全体を新設により更新します。

地盤沈下による亀裂

地盤沈下による亀裂

ポンプ羽根車の欠損

ポンプ羽根車の欠損

吐水槽の亀裂

吐水槽の亀裂

 

(3)小新排水機場

吐水槽の亀裂やひび割れが進行しているため、部分改修します。

吐水槽

吐水槽

樋門(門柱部)

樋門(門柱部)

建屋

建屋

 

(4)東部幹線排水路、新木山排水路

老朽化により、矢板の腐食や傾倒が進行しているため、計画区間の護岸を全面改修します。

矢板の腐食

矢板の腐食

矢板の傾倒

矢板の傾倒

ページトップへ

チラシ 

パンフレット 

お問い合わせ先

新川流域農業水利事業所
〒953-0041 新潟県新潟市西蒲区巻甲5488
電話:0256-73-6200
FAX:0256-72-1716

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

北陸農政局案内

リンク集