このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

令和2年度九州農政局の食育月間の取組を紹介します


平成17年6月に制定された「食育基本法」(平成17年法律第63号)に基づく食育推進基本計画により、毎年6月を「食育月間」、毎年19日を「食育の日」と定め、国民の食育への理解を深め、食育推進活動への積極的な参加を促し、その一層の推進と定着を図ることとしています。
※今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮した取り組みとしています。

消費者の部屋特別展示「6月は食育月間です!~実践の環を広げよう~」

令和2年5月25日(月曜日)から5月29日(金曜日)、九州農政局「消費者の部屋」において「6月は食育月間です!~実践の環を広げよう~」をテーマに特別展示を実施しました。
ごはんを中心とした日本型食生活の推進や、食育の推進に役立つエビデンスなどをパネル等で紹介しました。


食育1      食育2

   
第4回食育活動表彰者の九州の方々を紹介しました。


  
同時にフードパル熊本「熊本市食品交流会館」においても、パネル展示を行いました。

若い世代を対象とした「食生活改善啓発」の取組


第3次食育推進基本計画においては、「若い世代を中心とした食育の推進」を特に取組むべき重点課題の一つに定めています。
このため、九州農政局では、大学生を対象に「食育月間」及び「食育の日」の周知、並びに食生活の重要性を周知し、健全な食生活を実践する契機となることを目的に、九州各県の大学30校に、「6月は食育月間」のポスター及び啓発チラシ(データ)を配布しました。

    

大学配布チラシ(PDF : 759KB)

くまもと県民交流館パレアロビー展

令和2年6月8日(月曜日)から19日(金曜日)、くまもと県民交流館パレア10階ロビーにおいて、「6月は食育月間です!~食育ってどんないいことがあるの?~」をテーマにパネル展示・パンフレット配布を行いました。同時に移動消費者の部屋を開設し、食の安全、新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要・消費が減少している花き、牛乳、野菜、果実等の国産農産物の消費拡大を推進するための展示を併せて実施しました。


パレア展示  パレア消費拡大

九州農政局職員への取組

例年、6月19日は、九州農政局の各職場において、弁当を囲んで共食する機会を作り、食事を楽しむ場「弁当の日in九州農政局」を実施していたたところですが、本年度については、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止とし、職員向け啓発チラシを作成し配信しました。
        

お問合せ先

担当者:消費・安全部消費生活課(食育推進班)

代表:096-211-9111(内線4359)
ダイヤルイン:096-300-6354
FAX番号:096-211-9700

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader