このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

消費者の部屋特別展示「植えた樹を鹿から守る」(9月27日~10月1日)を開催中

九州農政局「消費者の部屋」では、食料・農業・農村に関する施策の情報提供や普及・啓発を行っています。
今回は、「植えた樹を鹿から守る」をテーマに特別展示を実施しますので、是非ご来場下さい。

1 テーマ

植えた樹を鹿から守る

2 趣旨

我が国の森林・人工林は主伐期を迎え、皆伐と再造林が進められる一方で、再造林地におけるシカによる食害等も年々増加しており、効果的なシカ被害対策が林業における喫緊の課題となっています。森林総合研究所では、せっかく植えた苗木をシカの被害から守るため、様々な研究開発に取り組んできた事を紹介します。

3 開催期間

令和3年9月27日(月曜日)~令和3年10月1日(金曜日)8時30分~17時15分

4 場所

「九州農政局消費者の部屋」展示コーナー

熊本市西区春日2丁目10番1号(熊本地方合同庁舎A棟1階)

  • JR熊本駅から徒歩5分
  • 電停二本木口から徒歩2分
  • 熊本交通センターから車10分
    アクセス

九州農政局へのアクセスはこちら>>

5 内容

(パネルやサンプル等展示やパンフレットの配布)

  •  単木保護資材を利用したスギ苗の保護
  •  皆伐地の痕跡によるシカ出現頻度の推定
  •  多点調査でみる防鹿柵の破損とシカ被害
  •  シカ被害対策グレードアップ術
  •  西日本の若齢造林地におけるシカ被害対策選択のポイント   など


6 フードパル熊本特別展示のお知らせ

フードパル熊本「熊本市食品交流会館」にて、以下のとおりパネル展示を行いますので、是非ご来場ください。

  1. 展示期間:令和3年9月27日(月曜日)~令和3年10月1日(金曜日)
  2. 展示場所:フードパル熊本「熊本市食品交流会館」ロビー
    〒861-5535 熊本市北区貢町581-2 電話:096-245-5111
    フードパル熊本へのアクセスはこちら>>【外部リンク】
  3. 食品の安全として小魚(豆アジ等)の中にフグの幼稚魚が混入する事例や毒キノコ・有毒植物による食中毒の注意喚起についての展示をしています。


お問合せ先

消費・安全部 消費生活課
担当者:山下
代表:096-211-9111(内線4214)
FAX:096-211-9700

国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所九州支所 地域連携推進室
担当者:根本、浜田
代表:096-343-3169

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader