このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

食べて応援しよう!(新型コロナウイルス対策応援消費)

九州産のおいしい食べものをたくさん食べて、九州を元気にしよう!

  新型コロナウイルスの感染拡大によるイベント自粛や飲食店向け食材の需要減少、更にはインバウンド減少等により国内の農畜水産物の消費が低迷しています。
  九州農政局では、「九州産のおいしい食べものをたくさん食べて九州を元気にしよう!」をキャッチフレーズに、九州産農畜水産物の一層の消費を応援しています。

九州各県の応援消費キャンペーンを紹介します。

各県で取り組まれている応援消費のサイトを紹介します。
「買って応援!食べて応援!」
新型コロナ終息の兆しが見えないこんな時だからこそ、
九州産の食べものをたくさん食べて産地を応援にしましょう。
ボタンの部分をクリックするとキャンペーンサイトにつながります。
1つのサイト内で、複数のキャンペーンや、新たなキャンペーン企画が紹介されているもの、「期間限定販売」のものもあります。
※各県のボタンの色は、県特産の農畜水産物をイメージしました。

【福岡県】:小麦色(ラー麦)
福岡県ウェブ物産展のボタン 

【佐賀県】:白色(玉ネギ・お米)  
NEWアイコン

【長崎県】:青色(海産物)
がんばらんば長崎 うまかけん!長崎県プロジェクトのボタン NEWアイコン ながさきの地産地消 ~こだわり おかわり長崎産~のボタン 

【熊本県】:赤色(トマト・西瓜・あか牛)
熊本県地産地消サイトのボタン  くまもとの農林水産物をおいしく応援!のボタン 

【大分県】:緑色(かぼす)
The・大分のボタン大分県オンラインショップ「温泉県大分から全国へ!」のボタン  

【宮崎県】:黄色(日向夏・マンゴー)
ディスカバー宮崎のボタン  NEWアイコン

【鹿児島県】:黒色(黒牛・黒豚)
どんどん鹿児島!特産品応援キャンペーンのボタン 


熊本地方合同庁舎で九州産農畜水産物の消費喚起をPR

令和2年4月6日から10月30日までの間、熊本地方合同庁舎A棟1階ロビー展示スペースにおいて、「地元の食材をモリモリ食べて、地域を元気にしよう!」と題したパネル展示を行いました。

4~5月は消費が低迷している牛肉、果実、野菜、牛乳の消費喚起を中心に、また、緊急事態宣言解除後は、九州各県の協力を得て、各県が実施している「応援消費キャンペーン」等を随時紹介し、来庁者に九州産農畜水産物の販売促進をPRしました。

また10月9日からは、プロジェクト推進役に女優の広瀬すずさんを起用した、農林水産省「#元気いただきますプロジェクト(国産農林水産物等販売促進緊急対策)」も加え、販売促進を後押ししました。

こくさんポスター#元気いただきますPJメッセージ展示の風景



九州農政局「移動消費者の部屋」で九州産農畜水産物の消費拡大をPR

くまもと県民交流館パレアにて(令和2年6月8日~19日)
熊本パレア展示風景1熊本パレア展示風景2

イオン熊本店にて(令和2年7月3日~5日)
イオン熊本展示風景1イオン熊本展示風景2

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品・連携課

担当者:地域食品班
ダイヤルイン:096-300-6356
FAX番号:096-211-9825