このページの本文へ移動

動物医薬品検査所

文字サイズ
標準
大きく
メニュー

平成15年度家畜由来細菌の抗菌性物質感受性実態調査

1.はじめに

平成15年度の薬剤耐性菌の発現状況調査(家畜由来細菌の抗菌性物質感受性調査)は、主要な抗菌性物質に対する耐性菌の発現状況等の動向を把握すると共に、家畜に使用する抗菌性物質の人の健康と獣医療に対するリスク分析の基礎資料を得ることを目的としたものである。本調査は、生産振興総合対策事業実施要領(平成14年4月15日付け13生畜B第10200号農林水産省総合食料局長及び農林水産省生産局長通知)に基づき、(ア)動物用医薬品については家畜衛生対策事業、(イ)飼料添加物については流通飼料対策事業によって実施された。
公衆衛生分野への影響に配慮した薬剤耐性菌発現状況調査は、食品媒介性病原細菌としてサルモネラとカンピロバクターを、薬剤感受性の指標細菌としては腸球菌と大腸菌を対象に平成12年度から本格的に開始された。
今般、平成15年度に実施されたこれら家畜衛生対策事業及び流通飼料対策事業による調査について、各都道府県より提出された報告を取りまとめたので、その概要を紹介する。

2.材料及び方法

(1)調査検体数
検体は健康家畜の糞便とし、検体数は都道府県ごとに各菌種とも4畜種(肥育牛、肥育豚、採卵鶏及びブロイラー)×6畜産経営体以上×1検体=24検体以上(流通飼料対策事業の調査も実施する県は8経営体以上、32検体以上)を原則とし、1検体から都道府県ごとに指定された菌種を2株まで分離することとした。
(2)試験方法
本調査は、対象菌種ごとに統一化、平準化された分離培養法、菌種同定法及び薬剤感受性試験法により実施した。同定は、形態学的及び生化学的性状検査により行った。
分離菌株の供試薬剤に対する感受性の測定は、米国臨床検査標準委員会(NCCLS)の提唱する寒天平板希釈法に準拠した方法により実施し、最小発育阻止濃度(MIC)を求めた。なお、耐性限界値(ブレークポイント)は、基本的に平成13年度の値とした。

3.調査成績

(1)サルモネラ
 サルモネラは、供試された331検体中10検体(3.0%)から20株(肥育牛由来0株、肥育豚由来4株、採卵鶏由来4株及びブロイラー由来12株)が分離された。分離菌株の血清型は、5種類認められ、そのうちSalmonella Infantisが10株(ブロイラー由来8株、採卵鶏由来2株)、S. Typhimuriumが4株(肥育豚由来4株)であった。
分離された20株の薬剤感受性試験成績を表1(エクセル:17KB)に示した。調査薬剤のうち5薬剤(DSM, OTC, KM, TMP及びNA)に耐性が認められ、その耐性率は20.0~70.0%であった。セフェム系薬剤(CEZ及びCTF)及びフルオロキノロン剤(ERFX)に対しては全て感受性を示した。
(2)カンピロバクター
 カンピロバクターは、供試された365検体中140検体(38.4%)から247株(肥育牛由来36株、肥育豚由来86株、採卵鶏由来70株及びブロイラー由来55株)が分離された。菌種の内訳は、C.jejuni 122株及びC.coli 125株であった。肥育牛、採卵鶏及びブロイラーからは主にC. jejuniが、肥育豚からはC.coliが分離された。
分離された247株の薬剤感受性試験成績を、表2(エクセル:16KB)に示した。調査薬剤のうち7薬剤のMIC分布に二峰性が認められ、9.3-58.7%の耐性率を示した。菌種別の耐性率は、EMでは、C. jejuni 0%およびC.coli 34.4%であった。ERFXではC.jeuni 12.3%およびC.coli 35.2%であった。
(3)腸球菌
 腸球菌は、一般腸球菌(Enterococcus faecalis 及びE.faecium)の選択培地による分離では、供試された328検体中167検体(50.9%)から、286株(肥育牛由来21株、肥育豚由来56株、採卵鶏由来108株及びブロイラー由来101株)が分離された。一方、バンコマイシン(VCM)添加培地を用いた選択分離においては、同検体中93検体(28.4%)から135株が分離された。
 分離された一般腸球菌286株及びVCM低感受性腸球菌135株の薬剤感受性試験成績を表3-(1)及び(2)(エクセル:23KB)に示した。調査薬剤のうち11薬剤(DSM,GM, KM, OTC, EM, LCM, CP, AVM, EFM, VCM及びNHT)に対して耐性株が存在し、その耐性率は一般腸球菌で2.1~68.2%、VCM低感受性腸球菌で1.5~94.1%であった。なお、ブロイラー由来1検体からVCM添加選択培地で分離された2株のVCMに対するMIC値は>128μg/mlであった。これらのVCM耐性遺伝子及び菌種同定を実施した結果、2株ともにVCM耐性遺伝子(vanA)を保有するE.faeciumであり、VCM高度耐性のVREであった。
(4)大腸菌
 大腸菌は、供試された277検体中258検体(93.1%)から、475株(肥育牛由来133株、肥育豚由来121株、採卵鶏由来122株及びブロイラー由来99株)が分離された。同時にBCM O157寒天培地(栄研化学(株))を用いてO157(志賀毒素産生性大腸菌)の分離を試みた結果、今年度はO157の分離株はなかった(この株は一般大腸菌に含める結果とした)。
 分離された大腸菌475株の薬剤感受性試験成績を表4(エクセル:19KB)に示した。調査薬剤のうち13薬剤(ABPC, CEZ, CTF, DSM, GM, KM, OTC, BCM, CP, CL, NA, ERFX及びTMP)に対して耐性株が存在し、それらの耐性率は0.4~49.1%であった。フルオロキノロン剤(ERFX)に対しては、1.9%に耐性株が認められた。また、セフェム系薬剤(CEZ及びCTF)に対しては、それぞれ3.2%及び1.7%に耐性株が認められた。

4.おわりに

 平成15年度の家畜由来細菌の抗菌性物質感受性調査の実施によって、過去4年間における日本全国の各種細菌の感受性成績が集積された。現在、一連の調査成績を総括的に取りまとめ、畜産分野における年次別及び由来動物別の耐性菌の動向として公表していく準備をしている。今後とも全国レベルでの畜産分野における各種細菌の抗菌性物質感受性調査を継続し、成績の集積・解析に取り組むこととしている。また、野外での抗菌性物質の使用実態と分離菌の薬剤感受性の年次変化との関係についての解析を進めていきたい。同時に、調査事業の遂行上、公衆衛生や食品衛生の関係機関・部署等との協力、連携を一層深め、情報交換や調査データの共有化等を推進しながら、畜産業における抗菌性物質の使用が人の医療に及ぼす影響の評価、リスク管理に向けた取り組みを実施していく計画である。
抗菌性物質の使用に当たっては、国際的共通認識である「慎重使用の原則」に従い、(ア)動物用医薬品については、抗菌性物質の選択は添付文書等の有用な基本情報(抗菌スペクトル、薬物動態等)や原因菌の薬剤感受性データに基づき慎重に行うこと、(イ)適応症に対応する用法・用量並びに使用上の注意事項の厳守等をより厳格にすること及び(ウ)抗菌性飼料添加物については、定められた使用の方法の基準を遵守することが重要である。
今回取りまとめた調査成績については、畜産現場における抗菌性物質の適正な使用の一助として活用されたい。
                                                                                                                                                農林水産省  動物医薬品検査所
                                                                                                                                                独立行政法人  肥飼料検査所