このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォトレポート(島根県)令和2年度

    県域拠点が携わった農林水産施策(会議、イベント等)や農山漁村の風景などを紹介しています。

    10月

    銀行と女性農業者の意見交換

    • 撮影場所:島根県益田市
    • 撮影日:令和2年10月8日

    合同会社農夢の中島明日香氏との意見交換
      合同会社農夢の中島明日香氏との意見交換

    合同会社農夢の施設見学
      合同会社農夢の施設見学

      令和2年10月8日(木曜日)、山陰合同銀行と女性農業者との意見交換が行われました。この日は3名の女性農業者(石橋智子氏、豊田美絵氏、中島明日香氏)と意見交換が行われ、販路拡大、今後進めていきたいこと、規格外品の活用などの課題に対し、山陰合同銀行からは商談会の案内、銀行としてこれまで取り組んできた中での事例の紹介などがありました。

      山陰合同銀行からは、「山陰の主産業は一次産業である現状から、銀行としても地域を支えるための支援が必要と考えている。これからもビジネスマッチングや関連情報の提供など女性農業者を支援していきたい」との話がありました。

    8月

    島根県立農林大学校  オープンキャンパス「緑の学園」(第1回・第2回)

    • 撮影場所:島根県大田市、飯南町
    • 撮影日:令和2年8月16日(第1回)、22日(第2回)

    メロンの巻きひげとり
      メロンの巻きひげとり

    チェーンソーで丸太切り チェーンソーで丸太切り

      島根県立農林大学校のオープンキャンパス「緑の学園」が開催され学校概要や施設の見学等がありました。

      午後からの体験学習は、職員や在校生の指導のもと、農業科(大田キャンパス)では有機、野菜、花き、果樹、肉用牛の各コースに分かれ「メロンの栽培管理」や「ぶどうの収穫・調製」などを、林業科(飯南キャンパス)では「チェーンソーによる丸太切り」、「重機の操作」などが行われました。 

      参加者からは、「ハウスの中は暑かったけど楽しかった」、「チェーンソーの丸太切りの音にビックリで緊張した」などの感想がありました。


    新規就農者との意見交換

    • 撮影場所:島根県安来市
    • 撮影日:令和2年8月6日

    施設を説明する大森氏
      施設を説明する大森氏

    意見交換する大森氏(左)と志知次長(中央奥) 意見交換する大森氏(左)と志知 農政局次長(中央奥)

      令和2年8月6日(木曜日)、島根県安来市でイチゴを栽培する大森雄介氏と中国四国農政局の志知 農政局次長との意見交換が行われました。

      大森雄介氏は、神奈川県横浜市からのIターン就農で3年目をむかえます。
      安来市では、新規就農希望者の不安をなくすため、まずは就農前の体験ツアー、研修中の住居提供、農家師匠による研修制度によるサポート体制を構築していますが、大森氏はこのサポート体制に惹かれ安来市での就農を決意されました。
      観光農園も本年3月から開園されています。本年の新型コロナウイルスの影響を受け4月~5月にかけて当初目標の売り上げから大きく減少したとのことですが、観光農園は多くの人に安来イチゴのおいしさを手軽に知ってもらえるので今後も取り組んでいきたいと話されていました。

      一方で、安来市の若手イチゴ農業者とインターネットによるイチゴ通販ショップサイト「NetBerry」を立ち上げ、農家直送のイチゴを販売するなどして安来イチゴの販売促進も進めています。

      意見交換では、販売先選定の苦労話、雇用者の確保や資材費の高騰などの課題、補助事業についての国への要望が出されました。

    6月

    「島根県立農林大学校への農業施策説明」を実施

    • 撮影場所:島根県大田市
    • 撮影日:令和2年6月17日

    加藤総括農政業務管理官による説明
      加藤総括農政業務管理官による説明

    説明を聞いている学生の様子 説明を聞いている学生の様子

      令和2年6月17日、中国四国農政局島根県拠点は島根県立農林大学校において2年生27名に「日本の農林水産業の未来に向けて(農林水産施策の概要)」の説明を行いました。

      説明では、「国内農業の現状」、「GAP」、県内の先進的な農業者やしまね農業女子等を紹介しながら施策への理解を深めてもらいました。

      学生からは、「GAPなどの話がとても分かりやすく、今まで分からなかった部分が理解でき、将来、営農指導員になれたら、農家さんにGAPを取得してもらえるよう頑張りたい。」などの感想が寄せられました。

    お問合せ先

    中国四国農政局 島根県拠点
          担当者:地方参事官室
          代表:0852-24-7311
          FAX:0852-27-0641