このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    しまね農業女子の活動 令和元年

    活動のようす

     

    しまね農業女子メンバー松江農林高校へ出前授業 ~次世代の担い手候補・農業高校生に伝える思い~

    令和2年1月29日(水曜日)、島根県立松江農林高等学校(島根県松江市)において、農業女子PJ及びしまね農業女子メンバーである、いち花 代表  泉 智加さんを講師として、出前授業を開催しました。

      しまね農業女子では、次世代の農業の担い手候補である農業高校等の生徒の皆さんを対象に、農業への関心と理解を深めてもらうことを活動の一つとして行っています。

      松江農林高校から、現場で頑張っている農業者から直接話が聞きたいとのオファーに答え、生物生産科1年生40名を対象に、泉さんの生業である養蜂業を中心とした講話と、ハチミツの「テイスティング」、「石鹸づくり」などを取り入れながらの出前授業を開催することとなりました。

      泉さんから、ハチミツの基礎知識やミツバチの生態、自身がハチミツと関わるご縁があって養蜂家となった経緯などを紹介いただきました。生徒の皆さんのメモを取る姿に、泉さんもスタッフ一同感心し、生徒の皆さんの真剣さに身の引き締まる思いがしたところです。

    講師の泉 智加さん
     講師の泉 智加さん


    授業の様子! 授業の様子!
    はちのイラスト蜂のイラスト左向き

    ハチミツのテイスティングの様子
     ハチミツのテイスティングの様子

    真剣にメモを取る生徒の皆さん
     真剣にメモを取る生徒の皆さん


    しまね農業女子 地SUN地SHOW祭りに出店

      令和元年11月17日、くにびきメッセ(松江市)で開催された第35回 地SUN地SHOW祭りにおいて、しまね農業女子メンバーが愛情込めて生産した産品を出品・販売するとともに、県内で活躍する農業女子メンバーの紹介をしました。

      当日は、しまね農業女子3名の方から(はちみつ、トマト、農産加工品)を販売いただいたほか、ディスプレイ用としてオリーブの苗木を提供いただくなど、華やかで元気あふれるブースとなりました。

      ハチミツ石けん作りは去年に引き続き体験コーナーを設け、子ども中心に思い思いの形の石けんができあがりました。また今回は、はちみつに加えトマトと農産加工品(奈良漬け)の試食コーナーを設け、普段とはひと味違う商品に「美味しい」というお客様の声を聞くことが出来ました。

      今後もこのような機会を捉えて、農業女子の産品PRと販売促進につなげる活動を支援するとともに、農業女子PJのPRにより女性農業者のネットワークを広げていくこととします。

    農業女子メンバーとスタッフ農業女子メンバーとスタッフ
    ブース前に並ぶ来店者ブース前に並ぶ来店者

    メンバー紹介
    メンバー紹介

     

    「しまね農業女子」が誕生!

    令和元年6月25日、大田市「山の駅さんべ」にて、農業女子プロジェクトの地域版として「しまね農業女子」の設立総会を開催しました。
     総会では、晴天に恵まれた雄大な三瓶山のふもとに6名の農業女子が集い、活発な意見交換を行いました。


    しまね農業女子の規約、統一ロゴマーク等について意見を交わしながら確認するとともに、ランチミーティングでは地元「さんべ女子会」のみなさんの活動を紹介いただきながら、和気藹々とした雰囲気の中でそれぞれの情報交換が行われました。

     午後の部は、中国四国農政局から「農業における女性の活躍推進について」等、また島根県から「島根県における女性農業者への活動支援等」について情報提供をいただきました。

    しまね農業女子 設立総会の様子
    しまね農業女子 設立総会の様子


    しまね農業女子  誕生!しまね農業女子  誕生!

    ランチミーティングの様子
    ランチミーティングの様子

    情報交換の様子
    情報交換の様子

      

    お問合せ先

    島根県拠点 地方参事官室

     代表:0852-24-7311(代表)

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader