このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    オタフクソース株式会社(広島県)「日本食文化とともにソースを世界へ」

    令和元年度取組事例

    英語表記のソースの写真
    英語標記のソース

    海外商談会の写真
    海外商談会の様子

      事業者の概要

    • 所在地:広島県広島市西区商工センター7丁目4-27
    • 代表者:代表取締役社長  佐々木 直義
    • 主な品目:お好みソース、天かす、ヤンニョムソース等
    • 主な輸出先国:韓国、台湾、米国、中国、マレーシア、欧州等
    • 事業概要:ソース、酢、たれ、その他調味料、お好み焼き関連食材などの製造、販売。

      輸出の取組内容

    • 1998年に米国のロサンゼルスに現地法人OTAFUKU FOODS,INCを開設したのを機に、本格的にお好みソース等の調味料やお好み焼き関連食材の輸出を開始。輸出先は米国をはじめ、中国、台湾、韓国、マレーシア、欧州等に拡大。
    • 2013年以降、米国、中国、マレーシアに工場を建設して現地での製造・販売も行っている。
    • 海外販路拡大のため、2014年に食品安全管理の国際規格FSSC22000を取得、2017年にはムスリム対応のためハラール認証を取得。
    • お好み焼きを世界に広めるため、現地での試食販売イベントやインバウンド向けのお好み焼き教室の開催等、普及活動を行っている。

      取組経緯

    • お好み焼きを世界に広めることを目指して、1998年に米国へ進出。同時に社内には国際事業部を設け、本格的な海外展開に着手。
    • その後、海外需要が増加したため、アジアや欧州へも輸出を開始。

      課題と対応方法

    • 輸送コスト削減の工夫
      韓国、台湾、米国などへは直接輸出を行い、コンテナ単位で輸出することによって輸送コスト等を削減している。また、台湾へは自社ブランドの他に、OEM商品として、コンビニ向けの濃縮原料をバルク輸送し、輸送コストを削減している。
    • 海外の規制や食文化への対応
      EU等の規制対象である肉エキスを使わないソース、ハラールに対応したソース、現地の味覚に合わせたソース、化学調味料不使用(NO-MSG)、グルテンフリー商品等を開発し、販路を拡大。

      実績

    • 輸出額
      2016年:8億3,300万円、2017年:9億1,200万円、2018年:9億9,700万円
    • 輸出国割合
      韓国:25%、台湾:18%、米国:14%、その他:43%

      今後の事業展開

    • 輸送コストの削減などの工夫を進め、さらなる輸出拡大を目指す。
    • 焼きそば麺とソースのセット商品をオセアニア、東南アジアなどへの輸出を進め、日本のソース文化の裾野を広げる。

    印刷用

    オタフクソース株式会社(広島県)「日本食文化とともにソースを世界へ」(PDF : 775KB)

    お問合せ先

    経営・事業支援部 輸出促進課

    代表:086-224-4511(内線2668, 2159)
    ダイヤルイン:086-230-4258
    FAX番号:086-224-7713