このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    丸京製菓株式会社(鳥取県)「世界最強のどらやきプロジェクト、和菓子を世界に輸出」

    令和3年度取組事例

    どらやきの写真
    世界に誇る丸京のどらやき

    プロモーション活動の様子
    海外でのプロモーション活動

      事業者の概要

    • 所在地:鳥取県米子市旗ヶ崎2002-2
    • 代表者:代表取締役社長 鷲見 浩生
    • 主な品目:和菓子(どらやき、焼きまんじゅう等)
    • 主な輸出先国・地域:北米(アメリカ、カナダ)、中国、香港、EU、韓国、東南アジア、豪州等 20ヵ国以上
    • 事業概要:和菓子の製造販売業。1958年に創業し日本全国、世界20ヵ国以上で販売。主力商品である「どらやき」は単一工場として生産量日本一。2008年には4月4日を「どらやきの日」として日本記念日協会に登録。

      輸出の取組内容

    • 1996年からアメリカにどらやきの輸出を開始し、現在は、北米(アメリカ、カナダ)、中国、香港、EU、韓国、東南アジア、豪州等20以上の国・地域に和菓子(どらやき、焼きまんじゅう等)を輸出。売上全体の約20%を占める。
    • 2011年、衛生の仕組みを確立するため「ISO22000」認証を取得、2013年、輸出の国際基準に対応するため「FSSC22000」認証を取得し、食品安全管理に積極的に取り組んでいる。

      取組経緯

    • 1995年頃、原材料を輸入しているため、為替変動による利益変動の平準化を考え輸出を検討。
    • 1996年、長期保存可能な氷温技術を活用し、輸出を開始。

      課題と対応方法

    • どらやきの認知度向上/現地の低価格商品との差別化
      1996年より「どらやき」をアメリカのオリエンタルランドにて試食販売を開始し、その後、中国、韓国などでも開始。海外でのプロモーションや試食販売を継続的に行い「どらやき」の認知度向上と併せて、当社の「和菓子」の美味しさを認知してもらうことで、低価格商品と差別化を図った。
    • 各国の輸入規制への対応
      国内及び、現地代理店と情報交換を行い、食品規制等の情報をキャッチし開発テーマにタイムリーに取り上げていく。
      「ISO22000」認証取得、「FSSC22000」認証取得等。

      実績

    • 輸出額
      2019年:55千万円、2020年:40千万円、2021年:50千万円
    • 輸出国・地域割合(2020年)
      北米(アメリカ、カナダ):40%、中国・香港:30%、その他:30%

      今後の事業展開

    • 大量納品に対応できる生産設備を整備し、どらやきの輸出拡大を図る。
    • 現在の主要商品の品質保証期間6カ月を、1年以上にできる商品を開発し、交通網の発達していない国・地域への輸出拡大を図る。

    印刷用

    丸京製菓株式会社(鳥取県)「世界最強のどらやきプロジェクト、和菓子を世界に輸出」(PDF : 484KB)

    お問合せ先

    経営・事業支援部 輸出促進課

    代表:086-224-4511(内線2668,2159)
    ダイヤルイン:086-230-4258
    FAX番号:086-224-7713

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader