このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

農地整備の役割

  農地整備は、農業生産性の向上及び農業構造の改善を実現することにより、食料供給力の確保に重要な役割を果たすとともに、消費者余剰の増加により国民経済に貢献しています。

  農業外の役割として、土地利用の秩序化の機能を果たすとともに、水田整備による国土の保全・防災を通じ、健全な水循環を形成しています。

農地整備の役割









農業生産上の役割





農業生産性の向上


労働生産性の向上

土地生産性の向上

 [冷害被害の軽減]

 [作物品質の向上]




農業構造の改善

 


担い手の育成

農地利用集積の進展

ほ場整備による農地利用集積効果の持続性







多面的な役割



土地利用の秩序化


非農用地の創出

区画整理による農地の適正利用
(虫食い的耕作放棄の回避)



国土保全機能の増大


土壌侵食、土砂崩壊の防止

洪水の防止

水源の涵養





国民生活上の役割


食料供給力(自給力)の確保・強化[耕作放棄の防止]


国民経済的な効果(消費者余剰の増加)(3300億円/年の消費者余剰増加※)※平成12年の米価及び供給量を基準とした推計


地域の活性化と国土の保全・防災

 

事業実施前と事業実施後の比較

 

お問合せ先

農村振興部設計課

ダイヤルイン:048-740-0534
FAX番号:048-600-0624