このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

農業基盤整備資金の活用事例

茨城県の事例

かんがい排水(排水)

前原地区(つくば市吉沼地内) 〔事業主体:つくば市〕

当地区は、土水路であるため土砂堆積が甚だしく、排水能力の低下をきたしていたことから排水路の改修を行い、維持管理コストの軽減化を図るとともに畑作物の導入により、農家経営の安定と農村環境の改善を目指しました。

 事業量

 延長 288.7m

 受益面積

 1.2ha

 貸付条件

 15年(据置期間2年)

 

近隣地区の現況(未改修の排水路)

近隣地区の現況

 

施工後(改修された排水路)

施行後

 

 農道(舗装)

手子生地区(つくば市手子生地内) 〔事業主体:つくば市〕

当地区は、砂利道のため農作業や集出荷車両の搬入出に支障をきたしていたことから農道を整備し、砂塵による減産防止を図るとともに農業経営の安定化を図ることを目指しました。

事業量

延長 245m、幅員 5m

受益面積

4.8ha

貸付条件

15年(据置期間2年)


近隣地区の現況(未舗装の農道)   

近隣地区の現況

   

施工後(舗装された農道)


 施工後

  

栃木県の事例

維持管理

土手川地区(足利市久保田町内) 〔事業主体:三栗谷用水土地改良区〕

当地区にある揚水機場は、土手川を水源とし久野地域の揚水補給に使用していますが、機能低下により用水不足が生じたため、揚水機場を改修しその解消を図りました。

事業量

揚水機一式

受益面積

45ha

貸付条件

10年(据置期間3年)


施工前(機能低下した施設の様子)

施工前

   施工後(改修後の施設の様子)
 施工後

 

 

とがり矢地区(足利市高松町地内) 〔事業主体:三栗谷用水土地改良区〕

当地区は、土水路のため水路法面の崩壊等により、水管理や施設の維持に大きな労力を費やし苦慮していましたが、コンクリートのU型水路を設置することにより労力の節減を図るとともに農道が拡幅され、効率的に作業が行えるようになりました。

事業量

 延長 335m、幅員 0.7m

受益面積

 4.8ha

貸付条件

 10年(据置期間3年)


施工前(土水路)  

施工前

 

施工後(コンクリートのU型水路)


  施工後     

 

 

群馬県の事例

維持管理(かんがい排水)

頭沼地区(板倉町除川地内) 〔事業主体:邑楽土地改良区〕

当地区の頭沼揚水機場の取水路は、松丸太による杭柵護岸となっているため腐食がひどく、崩壊のおそれがあるとともに渡良瀬川の河床低下に伴い渇水時において取水に苦慮していたことから護岸改修により安定した用水を確保し、農作物の生産向上を目指しました。

事業量

護岸工延長 26.3m

受益面積

19ha

貸付条件

18年(据置期間3年)

 

施工前(改修前の水路)

施工前

 

施工後(改修された水路)

施工後

 

かんがい排水(排水)

大曲地区(板倉町大曲地内) 〔事業主体:邑楽土地改良区〕

当地区は、素堀水路のため法面崩壊がひどく、排水能力が低下していたため水路改修を行い、地域の湛水防止と過湿田の解消を図ることを目指しました。

 

事業量

延長 175m、幅員 0.6m

受益面積

3.2ha

貸付条件

18年(据置期間3年)

 

施工後(改修された水路)

施工後

 

施工後(改修された水路)

施工後

 

 

大高島地区(板倉町大高島地内) 〔事業実施主体:邑楽土地改良区〕

当地区は、素堀水路のため法面崩壊がひどく、著しく通水能力が低下していたため水路の改修を行い、地域の用水不足の解消を図りました。

 

事業量

延長 341m、幅員 0.6m

受益面積

5.7ha

貸付条件

18年(据置期間3年)

 

施工前(素堀水路)

  施工前

 

施工後(改修された水路)

施工後

 

 

埼玉県の事例

かんがい排水(排水)

真名板地区(行田市大字真名板地内) 〔事業主体:行田市〕

当地区は、土水路の排水施設のため排水機能が低下、田面の冠水等が解消されず農地利用に支障をきたしていたため排水路を改良し、農業経営の安定と向上を目指しました。

事業量

延長 320m、幅員 0.7m

受益面積

4ha

貸付条件

15年(据置期間3年)

 

施工後(改良された水路)

施工後

 

施工後(改良された水路)

施工後

 

 

千葉県の事例

農道(舗装)

長南町内の3地区においては、農道の未舗装により農作業及び作物の運搬に支障をきたしていたことから舗装を実施し、農業生産の合理化、営農体系の確立を図ることとしました。

小沢地区(長南町大字小沢地内) 〔事業実施主体:長南町〕

事業量

延長 576m、幅員 3.6m

受益面積

0.65ha

貸付条件

10年(据置期間3年)

 

施工後(舗装された農道)

施工後

施工後(舗装された農道)

施工後

 

中原地区(長南町大字中原地内) 〔事業主体:長南町〕

事業量

延長 495.5m、幅員 3.9m

受益面積

0.95ha

貸付条件

10年(据置期間3年)

 

施工後(舗装された農道)
施工後

 

 

 

 豊原地区(長南町大字豊原地内) 〔事業実施主体:長南町〕        

事業量

延長 563m、幅員 3.4m

受益面積

0.7ha

貸付条件

10年(据置期間3年)

 

近隣地区の現況(未舗装の農道)

施工前

 

施工後(舗装された農道)

施工後

 

かんがい排水

印旛沼土地改良区の地区内では、昭和30年代から40年代にかけて実施したほ場整備事業により施行された土水路のままのために法面が崩壊し、排水不良となっていたことから柵渠を設置し、排水の効果を高め、営農の合理化を図りました。

尾上下流地区(酒々井町尾上地内)       〔事業実施主体:印旛沼土地改良区〕

事業量

延長 148.8m

受益面積

1.54ha

貸付条件

22年

 

 

近隣地区の現況(未整備の水路)

 近隣地区の現況

 

 

施工後(整備された水路)

施工後  

 

 

大鷲上流地区(酒々井町上岩橋地内) 〔事業実施主体:印旛沼土地改良区〕

事業量

延長 368.3m

受益面積

6.04ha

貸付条件

22年

  

施工後(整備された水路)

施工後

 

施工後(整備された水路)

施工後 


 

山梨県の事例

農道(舗装)

下記2地区の農道は、側壁がないため土砂が崩れ、幅員が狭くなり、農作物の搬出に不便であったことから、農道の舗装・側壁の改良を行い、労力の軽減を見込むとともに生産性の向上を目指しました。

 大田和地区(田富町大田和地内) 〔事業実施主体:田富町〕

事業量

156.1m

受益面積

1.4ha

貸付条件

15年(据置期間2年)

  

近隣地区の現況

近隣地区の現況

 

施工後

施工後  

 

 

西花輪地区(田富町西花輪地内) 〔事業主体:田富町〕

事業量

210.45m

受益面積

1.4ha

貸付条件

15年(据置期間2年)

  

 

近隣地区の現況

近隣地区の現況

 

施工後

施工後

 

長野県の事例

維持管理事業

 牛島地区(長野市若穂牛島町内) 〔事業主体:川田土地改良区〕

当地区は、水質の特性により機場や揚水管の目詰まりや腐食が起き水量が低下したため、改修により機能回復を図り、揚水量の確保や維持管理の節減を図りました。

事業量

揚水機改修

受益面積

100.1ha

貸付条件

15年(据置期間3年)


  

牛島第2揚水機場の様子

牛島第2揚水機場

 

牛島第2揚水機場の様子

牛島第2揚水機場

 

牛島第2揚水機場の様子

牛島第2揚水機場

 

新田地区(長野市篠ノ東福寺町内) 〔事業主体:長野県下堰土地改良区〕

当地区は、無筋コンクリート水路を使用していましたが、緩勾配のため土砂汚泥が堆積するため維持管理に苦労しましたが、今回の改良(法面のかさ上げ)により維持管理の節減と減産防止を図れることになりました。

事業量

L=550m、W=1.6m

受益面積

19ha

貸付条件

15年(据置期間3年)

 

近隣地区の現況

近隣地区の現況

 

 工事施工中

工事施工中

 太田堰地区(長野市真島町内) 〔川中島平土地改良区〕

当地区は、無筋コンクリート水路であり、水路本体の破損により漏水が著 しいため維持管理に苦慮していたことから、今回の改修により維持管理費の節減と減産防止を図りました。

事業量

延長 116m、幅員 3.1m

受益面積

90ha

貸付条件

15年(据置期間3年)

現在施工中
           

隣接地区の現況

隣接地区の現況

 

隣接地区の現況

隣接地区の現況

 

隣接地区の現況

隣接地区の現況
 

 

静岡県の事例

維持管理事業

常光地区(浜松市常光町内) 〔事業主体:天竜川明善土地改良区〕

当地区は、混住化地域で国営新浜名幹線水路が地区内を通過しており、水路に蓋をして、安全管理を図るとともに水藻の発生を抑えることにより、維持管理費の節約が可能となりました。   

事業量

延長 360m、幅員 3m

受益面積

6.9ha

貸付条件

15年(据置期間3年)

 

施工前(蓋がされていない水路)

施工前

 

施工後(蓋がされた水路)

施工後

 

施工後(蓋がされた水路)

施工後

 

神田南地区(浜松市田尻町内) 〔事業主体:浜松市西南部土地改良区〕

当地区は、管理用道路の整備不良から多大な労力奉仕作業により維持管理に当たっていましたが、管理用道路の改良により労力奉仕の軽減を図り、安定した農業経営を目指しました。

事業量

延長 350m、幅員 4.3m

受益面積

2.8ha

貸付条件

15年(据置期間3年)

  

施工後(改良された管理用道路)

施工後

 

施工後(改良された管理用道路)

施工後

 

 

 農道(一般)

篠原南地区(浜松市篠原町内) 〔事業主体:篠原舞阪南部土地改良区〕

当地区は、畑作地域でありながら道路が未整備で農業車両の脱輪等による農作物の荷傷みが発生したり、通作に危険が生じていたことから農道整備を実施し、安定した農業経営を目指しました。

 

事業量

延長 225m、幅員 4m

受益面積

2.2ha

貸付条件

15年(据置期間3年)

 

施工後(農道脇に設置された地域の特産品が書き込まれたフェンス)

施工後(地域の特産品“たまねぎ"や“さつまいも"をフェンスに書き込んでいます。)

 

施工後(農道脇に設置された地域の特産品が書き込まれたフェンス)

施工後(地域の特産品“たまねぎ"や“さつまいも"をフェンスに書き込んでいます。)

 

 

農道(舗装)

 瀬戸ノ谷2期地区(藤枝市瀬戸ノ谷地内) 〔事業主体:藤枝市〕

当地区の農道は幅員2mと狭く、農作業の機械化に支障をきたしていたことから幅員を4mに拡幅することにより、労力の削減と経営基盤の安定を図ることを目指しました。

 

事業量

延長 54m、幅員 4m

受益面積

9.5ha

貸付条件

25年(据置期間5年)

 

施工後(拡幅された農道)

施工後

 

 

施工後(拡幅された農道)

施工後

 

 

かんがい排水(排水)

大新島2期地区(藤枝市大新島地内) 〔事業主体:藤枝市〕

当地区は、柵渠で築造後の年数経過による水路の老朽化・亀裂により用水確保が困難であったことや大雨時に農地に被害が発生していたことから水路改修を行い、水量の確保と安全及び経営基盤の安定を目指しました。

事業量

延長 135m

受益面積

9.5ha

貸付条件

25年(据置期間5年)

     

近隣地区の現況(未改修の水路)

近隣地区の現況


施工後(改修された水路)

施工後

お問合せ先

農村振興部土地改良管理課
ダイヤルイン:048-740-0498
FAX:048-740-0082