このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

南丹市を訪問し、農政の課題について講演と意見交換を実施

-西村南丹市長-
-南丹市地域農業再生協議会-

近畿農政局長は、令和3年7月29日(木曜日)西村南丹市長を訪問し、南丹市の農業や地域振興、中山間地の生活インフラ整備、有機農業の推進策などについて意見交換を行いました。その後、会場を移し、南丹地域農業再生協議会にて同協議会役員をはじめ30名に対して、講演と意見交換を行いました。

講演では「最近の農政の課題」と題し、2050年に向けた農林水産業のCO2 ゼロエミッション化の実現、化学農薬や化学肥料の使用量の低減、耕地面積の割合の拡大を目指す、みどりの食料システム戦略の説明とともに、農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略、経営所得安定対策等の電子化、今後の食品市場の見通し、農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略、eMAFF(農林水産省共通申請サービス)、水田台帳のデータベース化など今後、農林水産省が進める取り組みについて紹介しました。

参加者からは、CO2の削減や化学農薬の低減により、遺伝子組み換え作物が拡大するのではないかとの意見や、中山間地域における就農促進や所得向上、農産物の輸出の推進についての意見などがありました。

西村南丹市長と意見交換

南丹市農業再生協議会での講演と意見交換

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:075-414-9036
FAX番号:075-414-9060