このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

上仰木棚田振興協議会及び(株)アグリケーションとの意見交換

令和3年4月14日(水曜日)に近畿農政局長は、上仰木棚田振興協議会(大津市)及び(株)アグリケーション(草津市)との意見交換を行いました。

(1)上仰木棚田振興協議会及び大津市と意見交換

「仰木の棚田」は、滋賀県大津市の北部、琵琶湖の西岸比叡山麓の標高200m前後の丘陵地で階段状の未整備田が46ha存在しています。遠景に琵琶湖を望むことができる棚田は、20205月に県内初の国の指定棚田地域に選定されました。今後、地域の棚田の保全などに取り組むにあたり、様々な課題について意見交換を行いました。

棚田のオーナー制などで地域外の方との交流に取り組む一方で、高齢化が進む中での地域農業のあり方や今ある景観をいかにして保全していくのかなど、10年先を見据えた取り組みをされておられました。傾斜のある棚田では、施肥などの作業はドローンが有効であり、中山間地域でのスマート農業の可能性についてもご意見をいただきました。


 

<<参考リンク>>

仰木自然文化庭園構想 八王寺組

https://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/attach/pdf/index-17.pdf

棚田地域の振興について

https://www.maff.go.jp/j/nousin/tanada/tanada.html

 

(2)株式会社アグリケーション(草津市)との意見交換

株式会社アグリケーション(草津市)は、独自の堆肥によるこだわりの葉ネギを生産する一方、加工部門できざみネギの製造販売を行い、ネギに特化した経営をされています。地域の雇用の創出や農地の集積など、地域活性化に向けた取り組みも行っておられます。

農地の集積に向けての課題や6次産業化の課題のほか、特に若手の農業経営者同士が前向きな夢を語れるような場が必要とのご意見をいただきました。

 

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:075-414-9036
FAX番号:075-414-9060

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader