このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

その他

花っていいよねキャンペーン

花っていいよね。キャンペーン

(財)日本花普及センターでは、花や緑で暮らしをゆたかにし、もっと消費者に花の魅力、すばらしさを伝えるための活動として、“花っていいよね。キャンペーン”を始めました。
一般公募で選ばれた「お花のコミュニケーション・ワード」とシンボルマークとなるフィオリスタ・マークを使って、業界が一丸となって花と緑のもつ日々の暮らしへの潤い・癒し、ハレの機会の演出、愛や感謝を伝える力などを伝え、花きの利用・消費・購入の気運づくりを行います。

☆「花っていいよね。キャンペーン」とは

☆「花っていいよね。キャンペーン」を活用しよう

花きの人を癒す効用が発揮できる施設での活用等について

生花や観葉植物が私たちの生活にうるおいや安らぎをもたらすことは、古くから経験的に知られていますが、近年、花きの効用が科学的に証明されるようになりました。このことから、オフィスや公共施設などにおいて、花きが持つリラックス効果を活かした花き活用が進められているところです。

他方で、感染予防のため、病院における生花の持込が規制される事例が散見され、新聞にも掲載されたことから問合せがあるところです。このため、花きの活用推進の観点から関連する事柄についてご紹介します。

お問合せ先

お問い合わせ先

生産部園芸特産課
担当者:花き・特産係
代表:075-451-9161(内線2326)
ダイヤルイン:075-414-9023
FAX:075-414-9030

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader