このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

伝統を引き継ぎ、新しい取組にチャレンジ!

貝塚市  川﨑  貴彦(かわさき  たかひこ)さん

直営店の前に立つ川崎さん
川﨑貴彦さん
「直営店舗をオープンしました」
(令和元年6月)

農業の概要
  経営面積  100アール
  ハウスで水なす、水菜を栽培。
  露地でほうれんそう、小松菜を栽培。


経営の特徴
  大阪泉州において天保14年から約150年続く農家で、都市化が進み周りを住宅などに囲まれた生産緑地で都市農業を営んでいます。
  経営は、貴彦さんを中心とした妻と両親4人の家族経営で、自慢の大阪産「泉州水なす」をはじめ季節の旬の野菜・収益の高い野菜を生産しています。
  水なすは、農園独自の土づくりした圃場に植える間隔を空けて本数を減らして栽培する代々受け継ぐ農法にこだわり、減農薬栽培で大阪エコ農産物の認証を取得しています。その「泉州水なす」は、6月の2019年G20大阪サミットでは晩餐会の食材に採用されるなど、これからも自慢の「泉州水なす」を皆様に届けたいと思いを新たにしています。
  7年前に6次産業化に取り組み、「泉州水なすのコンフィチュール」などの加工品を販売しています。昨年9月、加工品の販路拡大にあたりHACCP式衛生管理を導入して「大阪版食の安全安心認証制度」の認証を取得するなど、衛生管理の重要性を認識した取り組みを実践しています。


将来展望
  HACCP式衛生管理の導入に続いて、食の安全安心を追求する取り組みとして、水なす生産においてJGAP認証を目指す。
  生産緑地の一部は防災協力農地に登録しており、市民の方々の避難場所として提供することで、地域貢献とあわせて都市農業への理解者を増やしたい。


※HACCP式衛生管理とは
  HACCPに沿った衛生管理の手法。大阪産(もん)6次産業化サポートセンターの支援を受けて取り組んだ。

ハウス内の水なすの様子
自慢の水なす!
是非、食べてみてください
(令和元年6月
)

赤・緑・茶色のコンフィチュール
コンフィチュール 
3種類の味が楽しめます
(令和元年6月)

防災農地の看板の立つ畑
災害時は避難場所となる防災農地に登録
(令和元年6月)

お問合せ先

大阪府拠点

TEL番号:06-6941-9062
FAX番号:06-6943-9699