このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

鹿児島の写真館(鹿児島県拠点の活動)

かごしま農業女子プロジェクトが「センテラスマルシェ」に参加しました(令和4年5月25日~29日)NEWアイコン

鹿児島県拠点は、かごしま農業女子プロジェクトの活動を応援しています。
今回は、この春、鹿児島市にオープンした「センテラス天文館」において開催された「センテラスマルシェ」にかごしま農業女子プロジェクトメンバーが参加しましたので、その様子をご紹介します。
マルシェでは、メンバーが県内各地で生産した採れたての農産物、ジャムやドレッシング、緑茶などの農産物加工品、さまざまな種類の観葉植物が販売されていました。参加したメンバーからは「生産者と消費者が直接言葉を交わすことができるとても良い機会になりました。」との声が聞かれました。
かごしま農業女子プロジェクトの今後の活動として、6月12日(日曜日)、ポルダーテラス(鹿児島市東開町)において鹿児島ダイハツとのコラボによるマルシェが開催されます。

センテラスマルシェ風景
センテラスマルシェ開催風景
かごしま農業女子プロジェクト出店風景
メンバーが生産したサワーポメロ、
ほうれんそうなど
かごしま農業女子プロジェクト出店風景
迫智子さん(マルタカ菜園)の
ラディッシュ、パセリなど















かごしま農業女子プロジェクト出店風景
メンバーが生産したニンニク、
ミニトマトなど
かごしま農業女子プロジェクト出店風景
高橋さやかさん(森の蔵農園)の
ぽんかんジャム、みかんジャムなど
かごしま農業女子プロジェクト出店風景
千田知子さん(千田植物園)の
観葉植物

「みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会発足式」を開催しました(令和4年4月21日)

鹿児島県拠点では、農林水産省が昨年5月に策定した食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」を鹿児島県内で具体的に推進するため、県内の自治体、研究開発機関、農業団体、有機農業団体、卸売・小売業者、消費者団体等を構成員とする「みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会」を設立し、令和4年4月21日に発足式を開催しました。
発足式では、事務局から「みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会の具体的活動の方向性(案)」を提案し、構成員の了承を得ました。
今後、この具体的活動の方向性を基に、オール鹿児島で各構成員による具体的な取組を進めていくこととしています。
(「みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会」については、こちらをご覧ください。)

みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会発足式風景
発足式風景

挨拶する相本九州農政局次長
挨拶する相本九州農政局次長
挨拶する池上地方参事官
挨拶する池上地方参事官

「みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会」への参画依頼を行いました(令和4年2月10日)

鹿児島県拠点では、みどりの食料システム戦略を推進するため、「みどりの食料システム戦略推進鹿児島連絡協議会」を令和4年4月に発足することとし、現在、同協議会の構成員予定者に対して参画依頼を行っています。
令和4年2月10日、グリーンコープかごしま生活協同組合の理事会(オンライン)に井田地方参事官が出席して、みどりの食料システム戦略の概要や同協議会の設立趣旨などを説明し参画依頼を行いました。

説明風景(その1)

説明風景(その2)

オンライン画面


これまでの鹿児島県拠点の取組を見る

お問合せ先

鹿児島県拠点
地方参事官室
代表:099-222-5840
FAX:099-223-7302