このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

調査管理事務所の役割

<<前のページへ戻る

国営造成施設水利管理事業

目的

国営土地改良事業完了地区の水利権更新とそれに伴う調査を行います。

国営造成水利施設保全対策指導事業 

目的

国営土地改良事業により造成された基幹的な農業水利施設を対象に、施設管理者と調整を図りつつ、機能診断及び機能保全計画の策定を一定期間内にすべての施設を対象に行うとともに、施設管理者が行う施設の保全に対して、指導・助言を行います。

国営施設応急対策事業

目的

国が造成した農業用用排水施設について、不測の事態が発生した場合における応急対策、その発生原因の究明調査及び当該調査の結果に基づく施設の機能の保全を行うための整備を行うほか、老朽化等による機能低下がみられる場合における施設の長寿命化に関する計画の作成及び当該計画に基づく機能の保全を行います。

農業水利ストック有効活用情報整備調査 

目的

基幹的な農業水利施設の維持管理において実施される補修等の履歴や維持管理費に関する情報を収集し、データベースの更新等を行うものです。このデータベースにより農業水利施設の最適な運用計画等の提案等を行い、農業水利施設の効率的な更新整備や保全管理を図ります。

ストックマネジメント技術高度化事業

目的

精度の高い「機能保全計画」を作成することによりライフサイクルコストを低減するためには、技術が未確立な診断、評価、対策工法等の確立と実践を通じた高度化が必要となります。そのため、破損事故等の要因調査、診断・評価技術の高度化、対策工法の適用と評価、リスク評価の実証調査等のストックマネジメント技術の向上を図る取り組みを実施します。

国営施設機能保全事業

目的

国が造成した農業用用排水施設の老朽化等による機能低下がみられる地域において、施設の長寿命化に関する計画を策定し、機能の保全を行うための整備を行います。 

お問合せ先

西奥羽土地改良調査管理事務所
 〒010-0951 秋田県秋田市山王7-1-3 (秋田合同庁舎5階)
 電話:018-823-7801
 FAX:018-823-7805