このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

平成30年産米の検査結果(確定値)(宮城)(令和元年10月末日現在)


 宮城県における平成30年産米の検査結果(令和元年10月末日現在)をお知らせします。

検査概況

1.検査概況
   ・10月末現在の検査数量は、水稲うるち玄米で246,992トン(前年同期比102.3%)となっています。
    平成26年度から検査対象となった飼料用もみは929トン、飼料用玄米は32,591トンとなっています。
2.品質概況
  (1)10月末日現在の水稲うるち玄米の1等比率は91.6%となっています。

1等比率(%) 30年産 29年産 28年産 27年産 26年産
各年同期      91.6       85.5      90.6      84.4     91.8
各年最終         85.5     90.6      84.4     91.8
 
  (2)2等以下に格付けされた主な理由は、充実度、心白・腹白及び着色粒(カメムシ類)によるものです。

格付理由 2等以下(%) 総検査数量に対する割合(%)
充実度   64.8%
 (5.5%)
心白・腹白   15.2%  (1.3%)
 着色粒(カメムシ類)  11.8%  (1.0%)


添付資料

東北における平成30年産米の検査結果(確定値)(宮城)(令和元年10月末日現在)(PDF : 77KB)

お問合せ先

生産部生産振興課

担当者:長谷川、工藤
代表:022-263-1111(内線4187・4538)
FAX:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader