このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

ホップの収穫・乾燥

ホップの収穫は、開花後40日ほど経ち、毬花が成熟した8月下旬に行います。収穫時期が遅くなると毬花の品質が低下するため、1週間~10日間で収穫します。

高所作業台(写真(ア))を使ってつるごと収穫し、ホップ摘花機(写真(イ))に入れて葉茎と毬花を分離します。毬花を選別機(写真(ウ))で選別し、平型乾燥機(写真(エ))で約8時間かけて温風乾燥します。乾燥後は毬花の品質を保つため、専用バック(フレキシブルバック)に詰めてビール会社に出荷します。

ホップの収穫・乾燥作業は、短期間に多くの労力を必要とするため、主に生産組合単位の共同作業によって行われています。

 

(ア)ホップの収穫
ホップの収穫

(イ)摘花機
摘花機

(ウ)選別機
選別機

(エ)平型乾燥機(底から温風を送る)
平型乾燥機(底から温風を送る)

写真は、いずれも山形県長井市

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:農政調整官(畑作経営)
代表:022-263-1111(内線4189)
FAX:022-217-4180