このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

農のいとなみと鉄道フォトコンテスト

  関東地域(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県及び静岡県)は約5000万人の人口を擁する巨大都市圏であり、全域が高度に発展した鉄道網で結ばれています。また、関東地域は一大農業地帯でもあり、世界遺産として認定された和食文化を支える「農のいとなみ」()が盛んに行われている地域です。
  花一面の果樹園、初夏の風が吹き渡る水田、牛が草を食む牧場、山あいの茶畑、見渡す限り続くキャベツ畑、大根の天日干し。営々と続く「農のいとなみ」は、関東地域の食卓を支え、美しい景観を形づくっています。
  国内外の観光客が東京に集中する状況でも、鉄道を利用することで、このような風景に都心から簡単にアクセスできることは、必ずしも知られていません。
  関東地域は、都心から少し足を延ばせば魅力的な「農のいとなみ」があります。高度に発達した鉄道網を利用することで、素晴らしい農業景観に簡単に出会えることを、より多くの方々に知っていただくため、関東地域の「農のいとなみ」と鉄道の魅力が表現された写真を募集するフォトコンテストを実施します。
注)「農のいとなみ」とは・・・このフォトコンテストでは、田んぼや畑、牧場の景色、直売所、野菜や果物、収穫祭などのイベントやお祭り等、地域の農業に関するもの全てを広くとらえることとしています。
     
 
 

NEWアイコン  「第3回農のいとなみと鉄道フォトコンテスト」 結果発表   NEWアイコン

この度、厳選なる審査を経て、第3回農のいとなみと鉄道フォトコンテストの入選作品30点が決定しましたので発表いたします。ご応募いただきました皆様、誠にありがとうございました。




*展示会のお知らせについては、こちら  をクリック。
*他入選作品については、こちら
  をクリック。
*入選(入賞作品)撮影地に出かけて見ませんか!オススメ周辺情報等については、こちら をクリック。

審査会について

審査月日:平成31年1月30日(水曜日)10時30分~
審査場所:さいたま新都心合同庁舎2号館11階会議室
審査員長:永田 博義  氏(写真家)
審査員:小林 優子  氏(さいたま農村女性アドバイザー) 
審査員:松葉 圭一  氏(関東運輸局観光部長)
審査員:田中 龍太  氏(関東農政局次長)



審査員長総評

審査員長  永田 博義 氏(写真家)
昨年と比べ全体的に良い作品が増え、また素晴らしい作品が多く見受けられました。入選作品選考に非常に苦慮しました。3回目を数え、世間に認識されてきたこともあると思いますが、今後も益々応募数が増えることを予感させる今年のコンテストでありました。

これまでのフォトコンテスト結果について

お問合せ先

企画調整室内フォトコンテスト係
担当者:皆川、長島
代表:048-600-0600(内線:3107)
ダイヤルイン:048-740-0301
FAX:048-600-0602

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader