このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

国内初の高性能システム装備!「ミニトマト集出荷施設」JA当麻

   当麻町は「ミニトマト」の産地として、生産・販売を行っています。
   平成25年度に町とJAの共同事業により農家に対し「園芸用ハウス導入経費の9割支援」を行ったところ「ミニトマト」の作付面積が大幅に拡大しました。
   その後、地域振興作物である「ミニトマト」のブランド力を向上させるため、平成29年度に、オートメーションの集出荷施設を稼働させました。ミニトマト集出荷施設ができるまでは、各農家が自宅で選別を行っていたことにより、品質に「ぶれ」がありましたが、共同選果を行うことで品質の「ぶれ」が解消し、生産者は、選別作業がなくなり、栽培に重点を置くことができ、面積拡大、収量のアップや収入の増加につながりました。
また、選別施設は、国内初の高性能システムを導入し、先進の技術が高品質を支えている甘くておいしい「当麻産ミニトマト」を道内・道外の消費地の皆様にお届けしており、高い評価を得ています。


撮影データ

◯撮影年月日:令和3年8月11日
◯撮影場所:当麻町


Youtubeへのリンクはこちら

お問合せ先

旭川地域拠点地方参事官室

  TEL番号:0166-30-9300
  FAX番号:0166-30-9305