このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

令和2年度鳥獣対策優良活動表彰における関東農政局管内の受賞者等について

農林水産省は、鳥獣被害防止や捕獲した鳥獣の食肉(ジビエ)の利活用等に取り組み、地域に貢献している個人や団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」を実施しています。今般、令和2年度の受賞者が決定しました。
関東農政局管内からは、農林水産大臣賞に伊豆市食肉加工センター「イズシカ問屋」(静岡県)、農村振興局長賞に塩谷町野生鳥獣対策協議会(栃木県)及び株式会社信州富士見高原ファーム(長野県)が選ばれました。

概要

全国的に野生鳥獣による農林水産業への被害が深刻化する中で、農林水産省は、各地域における効果的な鳥獣対策推進の一環として、「鳥獣被害防止の取組」、「捕獲した鳥獣の食肉(ジビエ)の利活用の取組」を対象として、地域への貢献が顕著であると認められる個人や団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」を実施し、優良事例を広く紹介しています。
この度、令和2年度における農林水産大臣賞と農村振興局長賞の受賞者を決定しました。

なお、表彰式及び「第8回全国鳥獣被害対策サミット」を開催し、受賞者からの取組事例の報告の他、全国各地の取組事例の発表、パネルディスカッション、ポスターセッション、資機材・カタログの展示を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、表彰式及びサミットの実開催は中止とし、後日(3月中旬)動画をmaffchannelに掲載いたします。

受賞者(関東農政局管内)

令和2年度における農林水産大臣賞と農村振興局長賞の受賞者(計8個人・団体)のうち、関東農政局管内の受賞者は以下の3団体です。

賞名
受賞者(概要)

農林水産大臣賞(捕獲鳥獣利活用部門(団体))
伊豆市食肉加工センター「イズシカ問屋」(PDF : 304KB) 静岡県
農村振興局長賞(被害防止部門(団体))
塩谷町野生鳥獣対策協議会(PDF : 304KB) 栃木県
農村振興局長賞(捕獲鳥獣利活用部門(団体))
株式会社信州富士見高原ファーム(PDF : 325KB) 長野県

その他

全国の受賞者については、以下の農林水産省プレスリリースをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/210127.html

お問合せ先

農村振興部 農村環境課

担当者:佐藤
ダイヤルイン:048-740-0501
FAX番号:048-740-0082