このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

平成22年度 農業農村整備事業等補助事業の事後評価

農林水産省では、農業農村整備事業等の効率性及び事業実施過程の透明性の一層の向上を図るため、国の補助金の交付を受けて都道府県等事業実施主体が実施している事業(補助事業)に関して、事業完了後一定期間経過後に事業実施のもたらす効果について、総合的かつ客観的に評価を行う完了後の評価(事後評価)を平成14年度より行っています。
関東農政局管内の平成22年度補助事業事後評価対象地区は17地区となっています。

事後評価の概要

(1)評価の時期

原則として、総事業費10億円以上の地区について、事業完了後一定期間(おおむね5年)経過後に実施します。

(2)評価の実施体制

関東農政局に設置している補助事業評価委員会(委員長:農村計画部長)が事後評価を実施します。

(3)客観性・透明性の確保のための方策

専門的知見を有する学識経験者等から構成される第三者機関を設置し、事後評価の内容について意見聴取します。

 

平成22年度 関東農政局 補助事業評価委員会(事後評価)技術検討会(第1回)

平成22年度 関東農政局 補助事業評価委員会(事後評価)技術検討会(第2回)

平成22年度 関東農政局 補助事業評価委員会(事後評価)技術検討会(第3回)

事後評価結果

           農業農村整備事業等補助事業の完了後の評価(農林水産省ホームページへリンク) 

お問合せ先

農村振興部土地改良管理課

ダイヤルイン:048-740-0505
FAX
番号:048-740-0082

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader