このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

ニッポンフードシフトについて講義

                                             -「京都芸術大学」-

令和3年10月7日(木曜日)、農林水産省大臣官房政策課小峰参事官と食料安全保障室鈴木企画専門職とが講師となり、京都芸術大学情報システム学科の学生27名にニッポンフードシフトに関連した講義をしました。

本講義は、新たな国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」の一環として、大学生が食や農業と環境を考えるきっかけとなるよう、本年9月に実施された大臣官房政策課環境バイオマス政策課地球環境対策室久保室長のリモート講義「みどりの食料システム戦略」についての意見、質問に答える形で進められました。

「化石燃料の使用減と環境保全の相関性」「稲作についてメタンを抑えた栽培技術の現状について」「みどりの食料システム戦略と農業者の利益や技術開発の状況について」など沢山の質問があがりました。


出張講座について

近畿農政局は、学生の皆さんに対し、食料・農業の現状や、関係する政策等を幅広く紹介することを通じて、次世代を担う若い方々に、将来、食や農業、地域の活性化等に深く関心を有し、社会をリードする人材となってもらうことを目的として、出張講座を実施しています。

農産物の生産、食の安全と消費者の信頼確保、和食など、食料・農業・農村に関心をお持ちの大学であれば、学部・学科は問わず、講義・ゼミの1コマ等、ご希望に合わせて対応します。

随時受付をしておりますので、下記ページの「出張講座申し込みフォーム」からお申し込みください。


詳しくはこちら>>

お問合せ先

企画調整室

担当者:瀧脇、村上
ダイヤルイン:075-414-9036
FAX番号:075-414-9060